【ミュージック】NHK 音響チーフプロデューサー加藤直正氏によるスペシャルゼミを実施!

NHK(日本放送協会)の音響デザイナーとして業界第一線で活躍、
現在では同局のドラマ制作においての音響部門を束ねるプロデューサーでもある加藤直正氏に登壇頂き、
TVにおける「音響デザイン」についての特別講義を開催しました。
nhk20130530a.jpg
加藤氏は、2011年大河ドラマ『江』のサウンドエフェクト・BGMを担当、
現在は大人気ドラマの連続テレビ小説「あまちゃん」の音響を担当しており、大忙し!!
そんな折、業界の若手育成・活性化のため、
HAL東京のミュージック学科のために特別講義に来て頂きました。
本当にありがとうございますッ!
講義では、ドラマ制作現場における効果音や音楽の入れ方を通じて、
「音響デザイナーの仕事について」や「音響デザインの目的と役割」について教えて頂きました。
nhk20130530b.jpg
普段なかなか見ることができない音響デザインの裏側である、
NHK放送センターの生音専用スタジオでのフォーリー(生音)収録の様子もご紹介頂き、
学生たちは興味津々で聴講!卒業後、自分たちが音楽・音響関連の業界で働く姿をイメージできた様子。
nhk20130530c.jpg
また、応用編として、静止画への効果音・音楽の入れ方についても講義。
敢えて、「映像に見えてないものの音を入れる」という音響デザインを教えていただき、
学生たちも音響デザインの可能性を強く感じていました。
nhk20130530d.jpg
最後に、
加藤氏から学生たちに向けて
『音や映像を見るときに、表面だけでなく、
その奥(裏側?)にあるものにも目を向けて、多角的に物事を見るように心がけてほしい。
そういった見方をすることで自分にしかできない音響デザインができるようになります!』

という熱いメッセージ。
帰り際、音響デザインを学ぶ上で参考になる作品ありますか?という質問に、
『「ムーラン・ルージュ」これは何回も見ました』とのこと。
皆さん、ぜひ一度チェックしてみてください!!!
HAL東京 プロが直接指導「スペシャルゼミ」についてはコチラ↓
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/special/index.html

【ロボット】『Imagine Cup 2013』 優秀賞 受賞!!

マイクロソフト社が主催し、世界中で35万人以上の学生が参加するITコンテスト『Imagine Cup 2013』
の日本大会において、HAL東京 ロボット学部の学生チーム「NFKey」が見事、競技部門で優秀賞を
受賞いたしました!!
イマジン②
今回受賞した作品「NFkey – NFC端末とWindows8タブレットを利用した車のドアの開閉、ログや
現在位置管理ソリューション」は、「自然災害という万が一の時、災害自体に対して学生の成す術
はほとんどない。しかし、災害後の救助をサポートするシステムならきっと何か作れるはず。この
作品で一人でも多くの人を助けができれば・・・」その想いで作品制作を取り組みました。
昨年の前回大会においても、ソフトウェアデザイン部門で審査員特別賞を受賞しましたが、今回は
その受賞をも超える快挙。 メンバーの喜びも格別なものとなりました。
本日、記念楯と表彰状が届き、コクーンタワー50階・ラウンジにて記念撮影を行いましたので、
その様子をご紹介します。
イマジン①
メンバーの皆さん、おめでとうございました!!
来年は、いよいよ「世界大会」を目指して頑張ってください!!
日本マイクロソフト株式会社 公式HP
Imagine Cup 公式HP 
HAL東京 ロボット学部 先端ロボット開発学科

【イベント】無料送迎バスツアーの体験入学、開催!

本日は、全国19箇所からバスで無料送迎をして、体験入学を行いました!
遠方の方が来校するにはピッタリ!ということで、ご家族やお友達と一緒に多くの方が来校。
b.jpg
まずは、ホールでオープンニングを行ったあとは、
ゲーム、CG映像、アニメ・イラスト、グラフィックデザイン、カーデザイン、ロボット、
WEB、システム開発、ミュージックと各学科・コースごとに、体験授業を楽しみました!
a.jpg
c.jpg
ミュージック学科の体験授業をのぞいてみると、、、
実物とは別の物で出した音で効果音を制作するフォーリーに挑戦していました!
e.jpg
d.jpg
参加した方は皆さん、上手に実物のような効果音を制作していて
ミュージック学科の先生もビックリしていました(笑)
体験入学にはHAL東京の在校生も参加して、授業のサポートや校舎案内もしているので
参加いただいた方は、学校や授業の様子、就職についてなど、直接質問していました。
参加してくれた在校生の皆さんも、休みの日にお手伝いしてくれて、本当にありがとうね m(_ _)m
バスツアーは7月に予定していますので、今回参加できなかった方もぜひ参加してみてください。
今後のHAL東京 入学関連イベントの情報はこちらから
↓↓↓
HAL東京 入学関連イベント(体験入学・学校説明会など)
また、HAL東京では全国各地で進学相談会も実施しております。
詳しくはこちらから
↓↓↓
HAL 全国進学相談会

【CGデザイン】学科イベント、学生作品展示会を開催

さすがHAL東京 CGデザイン学科、作品が幅広い!
webサイトデザインからポスターパネルデザイン、オリジナルのトランプや
ステーショナリー、カレンダー、食品パッケージのデザイン、チラシデザイン、iPhoneケース、タイポグラフィー etc…
DSC_0034.jpg
DSC_0028.jpg
あらゆるメディアを活用し、「デザイン」で世の中の問題を解決することを学ぶCGデザイン学科の
魅力を感じることができました!
なによりも、みんな「デザイン」を楽しんでいるのでいいですね。
▼下写真の知久くん、パネルのタイポグラフィーのデザインをつくるために
 ホットケーキを食べまくって3キロ太ったとのこと(笑)
DSC_0031.jpg
やはり、こだわりのデザインをするためには「根性」が必要ってことですね。。。
ちなみに知久くんは、既に企業から内定をもらっているとのこと、おめでとう!!
美味しいホットケーキの焼き方はコチラ
http://www.morinaga.co.jp/hotcake/text.html
HAL東京 CGデザイン学科についてはコチラ
http://www.hal.ac.jp/tokyo/course/cg_design.html

【CGデザイン】アドビシステムズ株式会社 阿部成行氏 スペシャルゼミ!デザインに「最新テクノロジー」を活用しよう

IllustratorやPhotoshopをはじめとするクリエイター向けアプリケーションを提供している、
アドビシステムズ株式会社から阿部成行氏(同社 教育マーケット事業本部 教育支援部 部長)を
お招きして、スペシャルゼミを開催し、HAL東京のCG学部の学生たちに講義をしていただきました。
DSC05498.jpg
最新アドビツールをはじめ最新テクノロジーについて精通し、全国各地で講演を行っている阿部氏は、
レスポンシブウェブデザインやパララックススクロールなどの「最新テクノロジー」を活用したデザイン例をあげながら、
『今や、良いデザインには、「最新のテクノロジー」は必須。
 皆さんも積極的に「最新テクノノロジー」を取り入れながら、デザイン、作品づくりをしましょう』
と話され、学生たちは熱心に聞き入っていました。
DSC05487.jpg
DSC05510.jpg
ここで、ちょっと最新テクノロジーを活用したサイトを紹介します。
★レポンシブウェブデザインを用いたサイト
Caaaat http://roxik.com/cat/
ウインドウのサイズを変えるとそれにあわせてネコが伸縮!
★パララックススクロールを用いたサイト
nike   http://www.nike.com/jumpman23/aj2012/
Elect-LO-nica Complilation  http://www.bunkai-kei.com/special/Elect-LO-nica/
スクロールが変わった動きをします。 
★プロジェクションマッピングを使ったこんなサイトも紹介頂きました。
TOKYO CITY CYMPHONY(六本木ヒルズ10周年記念サイト)
http://tokyocitysymphony.com/
確かに「最新技術」と「デザイン」が一体化した、素敵なサイトですね。
★InDesignで作ったデザインを、コードを記述することなくiPad向けのリッチで魅力的なインタラクティブコンテンツを作成できるアドビのソフトウェア「Digital Publishing Suite」も紹介いただきました。
http://www.adobe.com/jp/products/digital-publishing-suite-single.html
最後に阿部氏から
『アート』と『サイエンス』
     ↓
世界を変えるデジタル体験をしよう

という熱いメッセージを頂き、学生たちにとって、学びの多い講義になりました ^^
DSC05519.jpg
HAL東京 プロが直接指導「スペシャルゼミ」についてはコチラ↓
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/special/index.html