【ゲーム】内定者突撃インタビューcase2 ちゃんと学校に行ってちゃんと課題を出して、バンダイナムコスタジオに内定!岡崎さん編

今回は、ゲーム学部ゲーム制作学科4年生の岡﨑悠希(オカザキユウキ)さんに突撃インタビューを慣行!
ちなみに岡崎さんの内定先は、株式会社バンダイナムコスタジオのエンジニア。
どんな学生時代を過ごしてきたのでしょうか。早速インタビューしちゃいましょう!
13_okazakiB1031_1403.jpg
▲趣味はオンラインゲームの岡崎さん(HAL東京のゲームスタジオでパシャリ)
=もともとゲーム業界を目指していたの?
高校生のとき進路を考える時期になってなにしようかなと考えたときに、
自分が好きなゲームを仕事にしようという考えに行き着きました。
ゲームのエンドロールで名前が出るのがカッコイイし(笑)
=それからの進路選びはどうしたの?
具体的に「ゲーム」というやりたいことがあったので、大学ではなく、専門学校を選びました。
いろいろな学校も見て悩みましたが、HAL東京は新設校で歴史がない分、
逆に自分が歴史をつくってやるぞ!的な意気込みで選んで入学しました(笑)
あと、当時流れていたHALのアーマードコアとのコラボCMがカッコイイというのもありました。
=前向きなタイプなの?
実は高校の先生からは「ゲーム業界の就職は難しい」というようなことも言われていたのですが
そこも逆転の発想で「だったら、ゲーム業界で働いてみせる!」と強く想う気持ちを持ちました。
=そもそもプログラム経験あったの?
ほぼありません(笑)
高校が総合学科だったので、授業でVisual Basicを少し触っていたのですがそれだけです。
入学前教科書が届いた時に、ちょっと予習しようかなと思ったのですが、
少し読んで、全然頭に入らなかったのであきらめました(笑)
=そんな状況で入学して、どう?ちゃんと授業についていけたの?
正直、ちょっと大変でしたが、わからないことはクラスメイトや先生たちに積極的に質問するようにして、
しっかりと理解してから次に進むように心がけました。
あと、クラスメイトでデキる友達がいたので劣等感がありました。
そこでまた、「負けないぞ」という気持ちを持って自分を盛り上げていました。
=授業はどうでしたか?
1年生ではデザインや色彩、C言語など本当に基礎からの勉強だったのですが
高校と違って、好きなこと(今回はゲーム)に特化した勉強だったので楽しかったです。
自分は特別なことをやったわけではなく、毎日ちゃんと学校きて、ちゃんと課題を出しただけです。
岡崎さんの出席率・課題提出率をあとで確認したら
1年生 出席率99%  課題提出率100%
2年生 出席率100%  課題提出率100%
3年生 出席率99.6% 課題提出率100%
4年生 出席率100%  課題提出率100%
やっぱり、ちゃんと学校に来て、日々学ぶことって大事なんですね。

13_okazaki1031_1403.jpg
▲授業中の様子(本当は授業中の撮影は禁止ですが特別にパシャリw)
=挫折とかあったの?
3年生の冬に企業担当者が1,000名以上来校する「就職作品プレゼンテーション」というのがあって、
就職活動時期の学生は全員参加するのですが、ゲーム作品が完成できずに参加できなかったことです。。。
まわりはみんなゲーム作品をつくって参加して、企業の人からいろいろな評価や意見をもらっているのが
うらやましかったです。
今思えば、もっとしっかりとスケジュールを組んで準備していればゲーム作品を完成することができたと思います。
その失敗した経験が、就職活動の意欲につながったと思います。
=就職活動はどうでしたか?
4社受験し、1社から内定をもらいました。
それが、株式会社バンダイナムコスタジオのエンジニア職で、来年の4月から働きます。
=スゴイね!内定をもらったポイントはなんだと思う?
コミュニケーション能力が活きたということとHALで幅広い分野について学ぶことができたことだと思っています。
バンダイナムコスタジオの筆記試験では、エンジニアだからといってプログラム問題のみ出題されるわけではなく、ネットワーク関係、グラフィック関係、サウンド関係の出題もあって、当時先生から「資格試験の勉強しておけば、いつか勉強して良かったと思える日が来るよ。」と言われてながらも渋々勉強していた資格試験の勉強が活かされました。
「まさかこんなすぐ訪れるとは!!」という思いで一杯です(笑)
=これからの目標を教えてもらっていい?
バンダイナムコスタジオというスケールを活かして、ポケモンを超えるキャラクター・ブランドをつくりあげたいと思っています!もちろんその時はゲームも絡ませていきたいです。
=最後にゲーム業界やクリエイターを目指している人たちにメッセージをお願いします!?
高校の先生から「ゲーム業界の就職は難しい」とアドバイスをもらいましたが、
そこで、あきらめずに、根拠のない根拠と負けず嫌いで「やってやる!」と思って行動した結果が今です。
みんなにも自分がやりたいことをあきらめずに行動して欲しいと思います。
岡崎さんもそうでしたからね。今回はありがとうございました!
HAL東京 2014年3月卒業予定者 内定者速報
http://www.hal.ac.jp/tokyo/joblicense/naitei_1.html

【アニメ・イラスト】攻殻機動隊がHAL東京に登場!!

明日のアニメフェスタに向けて、
草薙素子、部長、バトーなどの主要キャラクター8人の等身大パネルがHAL東京に登場!
13_等身大パネル1026
期間限定で撮影会、開催中ですww
ボーマの大きさにに圧倒されます ^0^
アニメフェスタに関してはコチラ↓
http://www.hal.ac.jp/tokyo/apply/detail.html?id=8025
※HPからの応募は締切ましたが電話予約は受付中。03-3344-1010(10~20時 受付中)まで連絡ください。
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers 11/30(土)全国劇場上映【2週間限定】
http://www.kokaku-a.com/

【ロボット】ROBO-ONE×HAL東京 特別企画 ロボットフェスタ、第1回目開催しました!!

今年度のROBO-ONEは2/15(土).2/16(日)に開催。しかも、会場はなんとHAL東京!
今回は、その特別コラボ企画として、
HAL東京の在校生と一緒に『ROBO-ONE Light』に参加することができる
「ROBO-ONE Lightチャレンジ」プロジェクトをスタートしました!
先日第1回目が開催され、午前中は、「ROBO-ONE Lightチャレンジ」プロジェクトの説明を受けてから、
マイコンプログラミングや昨年参加したロボットを操作しデモ戦を行いました。
13_robofes01_1406a.jpg 13_robofes03_1406a.jpg
13_robofes04_1406a.jpg 13_robofes06_1406a.jpg
13_robofes07_1406a.jpg
▲相手をどうやって倒すのか?そのために必要なプログラミング(動き)は?色々なことを工夫する必要があります!
▼みんなで一緒にランチを取りながら情報交換したあとは、、、
13_robofes08_1406a.jpg
▼ちょうど当日秋葉原のROBOSPOTで行われていた自動操縦ロボットによる剣道「ROBO-剣」を見学、
13_robofes09_1406a.jpg
▼その足でエンジニア達に大人気の老舗パーツ店「秋月電子」の視察、ロボワンに向けた準備を行いました。
13_robofes11_1406a.jpg 13_robofes10_1406a.jpg
次回は、実際に自分たちのロボットをプログラミングし、歩かせてみます!
途中からでも参加できますので、ロボットに興味がある人はぜひ参加ください。
皆さんの参加、お待ちしています!
次回ロボットフェスタの参加希望はコチラ
http://www.hal.ac.jp/tokyo/apply/detail.html?id=8025
HAL東京 先端ロボット開発学科
http://www.hal.ac.jp/tokyo/course/info_science.html

【アニメ・イラスト】10/27(日)攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers上映記念イベント in HAL東京!

大人気アニメ『攻殻機動隊ARISE』の第2弾border:2 Ghost Whispersの全国上映が11/30(土)から2週間限定でスタートするにあたって、HALが特別コラボ企画を開催します!
ポスター_1
Production I.Gのプロデューサー佐藤恵さんと、オレンジの3DCG監督井野元英二さんが来校し、
『攻殻機動隊ARISE』の制作秘話やアニメ業界の裏話を語ってくれます!!
Prodution I.Gは、
『ギルティクラウン』『翠星のガルガンティア』『黒子のバスケ』などを手がけるアニメ制作会社、
オレンジは、
『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』『ドラゴンボールZ』『コードギアス 亡国のアキト』などの
3DCGパートを制作しているCGプロダクションで、
最新のアニメはどうやって作られているのか?
業界ではどんなスキルが求められているのか?
制作現場の雰囲気は? etc
ここでしか聞けない話を聞くことができます。
『攻殻機動隊ARISE』ファンはもちろん、
アニメ好きな人、アニメ業界を目指している人たちは必見です!ぜひご参加ください。
実習の時間では、持ち出し厳禁の『攻殻機動隊ARISE』の素材データを使って、
オリジナルのアニメ制作にもチャンレンジできる超レア企画も準備していますので、お楽しみください!!
c666_1.jpg c668_1.jpg
参加希望の方はコチラから予約ください。
http://www.hal.ac.jp/tokyo/apply/detail.html?id=8025
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers 11/30(土)全国劇場上映【2週間限定】
http://www.kokaku-a.com/

【ゲーム】内定者突撃インタビューcase1 社会人経験を経て、レベルファイブに内定!冨田さん編

HAL東京では、今年度内定を獲得した学生たちが続々!
そんな学生たちに突撃インタビューを慣行し、夢を叶えることができた秘訣について聞いていきたいと思います。
今回は社会人経験を経て、レベルファイブに内定した冨田誠さんに内定者突撃インタビューを慣行!
※レベルファイブとは
レイトン教授シリーズ、イナズマイレブンシリーズ、ドラゴンクエストVIIIなどを手がける有名ゲーム開発会社。

=いきなりですが、冨田さん、自己紹介をお願いします。
ゲーム制作学科2年制2年で2011年10月に入学しました。
私は、東京工芸大学で映像を学んで卒業後、営業を7年間やっていました。
30歳を手前に、ふと、「これを一生の仕事にするのか?」と考えて、「どうせやるなら、一生の仕事をしたい!!」という答えにたどり着いて、小さい頃からずっと好きだったゲームをつくるという仕事を目指すことを決めて、仕事を辞めました。
13_tomita_1406_b.jpg
=ちなみにずっと好きなゲームはなに?
セガのグランディアです。セガサターンのときからやっています(笑)
=それにしても、ものすごい決断力と行動力ですね。もともとそういったタイプだったんですか?
今までそんなタイプではなかったのですが、このときばかりはなぜか思い切った行動ができて、、、
このままグダグダになるのもイヤなので、思い切って、辞表を出しちゃいました・・・
それから何校か学校をみてまわる感じでした(笑)
=どうしてHAL東京を選んだの?
私は、年齢的にも、もう後がないから「しっかりと勉強に集中できる学校」に通いたいと思っていました。
いろいろ話を聞いたらHAL東京がそういった学校だったので、HAL東京に決めました。
=いざ入学してみてどうだった?
そうですね、思っていた以上に、ゲームプログラムを学ぶことに集中できる環境でした。
大学に在学していたこともあって、
「同級生がサボっていたり授業中騒いでいても、自分のペースで集中してしっかり勉強していこう!」なんてくらいに考えていましたが、入学したらビックリ。同級生たちの意識の高さに逆に焦っちゃって、こっちが逆に刺激をもらいました。
あと、クラスに担任の先生がいて、クラス単位で行動・授業をすることが多くて、思ったより「クラスのまとまり」があったのも良かったです。
=どう?授業についていけた?
私はプログラム経験が全くない状況からのスタートだったこともあって
最初でコケたらおしまいだと思って、入学前に「C言語」の本を1冊買って読みました。
独学では本を読んでもイマイチわからなかったことを、授業の中で確認していくような流れで学んでいくことができて、良かったと思っています。それからは、学校の授業に集中して参加しただけでした。
あと、先生たちの教え方が、現場でどうやって使われているかに紐付けて教えてくれるので、どんどんスキルが身についていくことを実感できました。
=そうやってスキルを身につけていったんだね。ちなみに就職活動はどんなやり方だったの?
マイナビ、リクナビなどの求人サイトからエントリーシートを出していました。あと、HALだと学内企業説明会が多くあったのでそれに参加したり、という感じでした。ただ大学と違って、就職活動のサポートがあって、作品は担任の先生がチェックしてくれたり、企業面接時の対策は就職担当の先生がアドバイスをしてくれました
=レベルファイブに内定をもらったけど、内定もらったポイントはなんだと思う?
さきほども言いましたが就職担当の先生からのアドバイスがあって
レベルファイブの最終面接前に
「冨田は淡々と言うタイプだから、もっと自分の想いを前面に出したほうがいい」と言われたので、最終面接では自分の想い・熱意を精一杯伝えるようにした結果だと思います。
=となると内定もらったのは就職担当の先生のおかげですか?
一応そうなりますね(笑)
※あとで就職担当の豊田先生に別途取材したところ
『さすが冨田、良いこと言うね~。』と嬉しそうに言っていましたww
あと付け加えて
『冨田は本当にがんばっていた。彼のような人が夢を叶えるのは本当に嬉しい』と言っていました。
 
=冨田さんは10月からレベルファイルで勤務しますが、将来ゲームクリエイターとしての『夢』はありますか?

レベルファイブでの面接時にも言ったのですが、最近日本のゲームに元気がない印象があるので、日本発で、世界をあっと言わせるようなゲームを作っていきたいと思います!
=レベルファイブで仕事するようであれば夢ではなく、目標といえるような話ですね。ぜひその目標を実現するためにがんばってください。応援しています。
=さいごに、冨田さんと同じようにゲームクリエイターになることを目標にしている人たちに向けて、冨田さんの今の気持ちを伝えてもらえますか?

夢を追いかけるのに早い遅いはないみたいです。
一度の人生、”好きなことを仕事にする”
そんな贅沢な夢を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

=実体験に沿った冨田さんらしい言葉ですね。ありがとうございました。
HAL東京 2014年3月卒業予定者 内定者速報
http://www.hal.ac.jp/tokyo/joblicense/naitei_1.html