【ゲーム】内定者突撃インタビューcase11 自分のことをちゃんと分析して、ユークスに内定!正木さん編

今回のゲームクリエイターになる夢を達成したHAL生はゲーム制作学科4年生の正木さん!
14_20140226masaki.jpg
=では早速。。。
 正木さんがゲームプログラマーになろうと思ったきっかけはなんですか?

ゲームが好きだったからです。普通の人には理解できないくらいに好きでした(笑)
幼稚園の頃からゲームをやりながら育ってきたので、ゲームが無い人生は考えられないですね。
=ちなみにプログラムの経験はあったの?
高校では電子科だったのでVisual Basicに触れたことはありましたが、それ以外は経験もなくて、ほぼ初心者でした。
=やっぱり不安じゃなかった?
確かに不安なことはたくさんありましたが、「誰でもはじめは初心者」と開き直って、
「初心者でもがんばればなんとかなる!」と思っていました(笑)
=授業はついていけましたか?
数字・計算が好きだったこともあって、苦手意識は無く、ついていけました。
高校時代に資格取得の勉強をしていたので、資格対策分の時間をゲーム作品の制作時間に充てることができました。
ゲーム制作は、目に見えて実際のゲームができあがってくることもあり、非常にやりがいがありますし
高校まではテストの「点数」で成績を判断されていたのが、HAL東京ではゲームの作品の出来で成績を判断されるという点もゲームづくりのモチベーションに繋がりました。
=就職活動のときに工夫したことはありますか?
人前で話すことに慣れていなかったので、練習も兼ねて、色々な会社を受験してみました。
グループ面接やグループディスカッションに実際に参加してみて、自分の考えていることを、
ちゃんと伝えることができるように練習しました。
結果、シューダープログラミングに力を入れて勉強をしていたので、その強みをしっかりと伝えることができ、WWEシリーズで知られているユークス様から内定をいただくことができました。
=自分自身のことをしっかりと分析することは大事だね。
 ユークスに入社してからどんなことをやっていきたいですか?

新しいことにチャレンジすることが好きなので、最新技術を積極的に勉強していきたいと思っています!
=では最後に、ゲーム業界で働くことを目標にしている人たちに向けて、アドバイスってあるかな?
入社したらどんな仕事をするのか?ということをしっかりと調べてから会社選びをすると良いと思います。
事前に調べることが面接対策にもなりますしね。
=ありがとうございました。これからもがんばってくださいね。
◆HAL東京 2014年3月卒業者予定者の内定速報(ゲーム・映像・CG・ミュージック)
http://www.hal.ac.jp/tokyo/joblicense/naitei_1.html

【ロボット】「JAXA産業連携シンポジウム2014」内のビジネスアイデア募集企画で先端ロボット開発学科チームが優秀賞を受賞!

衛星を利用したビジネス領域の拡げるための「JAXA産業連携シンポジウム2014」。
新生JAXAとして開催する大事なシンポジウムの会場に、学生のうちから業界と交わり、
本物の「実戦力」を身につけられる産学連携に積極的に取り組んでいるHAL東京が選ばれ、
今回は、先端ロボット開発学科の学生たちも参加し、シンポジウムが開催されました!
シンポジウムには、生きた地球の姿をリアルタイムに感じることができる、
世界初のデジタル地球儀「触れる地球」が持ち込まれ、
セッションⅠでは「衛星データを利用したビジネスと社会課題解決への可能性」と題して、
衛星データを活用している企業・自治体の取組みを紹介、
セッションⅡでは、一般から募集した衛星データを活用したビジネスアイデアのうち、
選抜されたアイデアを発表、衛星データでどのような新しいビジネスが考えられるかということを
各方面の識者がディスカッションを行いました。
13_JAXAシンポジウム28_1603
▲「触れる地球」に学生たちも興味津々。
13_JAXAシンポジウム1_1603
▲ジャーナリスト津田大介氏や慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授 夏野剛氏も参加。
ビジネスアイデア募集においてはHAL東京の先端ロボット開発学科チームも特別参加、
衛星データを活用し、農業就業人口の減少という社会問題を解決するビジネスアイデアを発表し、
見事、優秀賞を受賞しました。
13_JAXAシンポジウム9_1603 13_JAXAシンポジウム10_1603
▲満席の会場のなかで先端ロボット開発学科4年生 古澤くんがプレゼンテーションを行いました。
13_JAXAシンポジウム21_1603 13_JAXAシンポジウム24_1603
▲先端ロボット開発学科チームは優秀賞を受賞しました!
◆JAXA産業連携シンポジウム2014
http://aerospacebiz.jaxa.jp/sympo2014/index.html
◆HAL東京 ケーススタディについて
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/case_study/index.html

【CG・映像・アニメ 】OKI×HALケーススタディ「OKI新商品CM制作」、結果発表!

昨年春から取り組んでいるOKI×HALケーススタディで
HAL東京のCG映像学科・ミュージック学科の学生たちが、
OKIが新しく発売しているプロフェッショナル向けカラーLEDプリンター『MICROLINE VINCI(マイクロライン ヴィンチ)』のWEB限定コマーシャルを制作。
大手広告代理店フロンテッジのクリエイターにも何回もチェックしてもらい、30秒コマーシャルが完成。
今回はその発表をクライアントであるOKIの方に最終審査をして頂きました。
▼審査員でもある、株式会社沖データ 取締役 国内営業本部長の栗本清氏も来校頂きました。
201402OKI_01.jpg
▼各チーム代表学生がプレゼンを実施!
201402OKI_02.jpg
▼クライアントを前にパソコンを使ってのプレゼンテーションはプロが実際に行うような状況。
 緊張した面持ちながらも、みんな堂々とプレゼンテーションをしていますねw
201402OKI_03.jpg
201402OKI_04.jpg
201402OKI_05.jpg
▼特別審査員として雑誌「+DESIGNING」の小林編集長から最優秀賞を発表ッ!
201402OKI_06.jpg
▼最優秀賞のチームにはギフト券15万円分が進呈されました!
201402OKI_07.jpg
▼最後はみんなパシャリ!
201402OKI_08.jpg
学生のうちから、プロのクリエイターから直接アドバイスをもらいながら
企業のCM制作することができた経験はこれからクリエイターとして働く上で良い経験になりました。
学生の皆さん、お疲れ様でした!
◆OKIデータの特設ページで学生作品を公開中!
http://www.okidata.co.jp/special/school/haltokyo_cm/index.html
◆HAL東京 「ケーススタディ」について
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/case_study/index.html

【ゲーム】男女の愛の誓いの日(バレンタインデー)にDirectXゲームでさけんでみた

ということで、早くても就職作品を意識する2年生。。。
そんな2年生たちが、DirectXを利用したゲーム作品の発表会を行いましたッ!
20140214_02.jpg
プログラマーコースのテーマ『ハコゲー』
プランナーコースのテーマ『shooting++』
教室には、先輩や後輩たちがきて、ゲームをプレイ、
先輩たちは、自分たちがやってきたことを振り返りながらアドバイスをし、
後輩たちは、自分たちがこれから目標とする作品のクオリティを確認していました。
20140214_01.jpg
20140214_03.jpg
◆HAL東京では自分たちが作ったゲーム作品をいろいろな人に評価・アドバイスをもらう機会がたくさんあります。
就職作品プレゼンテーション
http://blog.hal.ac.jp/tokyo/281.html
学生作品発表会
http://blog.hal.ac.jp/tokyo/214.html

【ロボット】HAL東京にてROBO-ONE/ROBO-ONE Light、開催!

昨日の大雪の影響を残しながらも、本日、HAL東京にて
二足歩行ロボットによる競技大会『てROBO-ONE/ROBO-ONE Light』が開催されました!
会場は子ども、学生から大人まで、ロボットの魅せられた人たちが集まって、ものすごい熱気ッ!
20140215_00.jpg
この日のため作ったロボットを持ち寄り、リングでその成果を競いました。
▼参加チーム、オリジナルの攻撃パターンで対戦!
20140215_01.jpg 20140215_02.jpg
20140215_03.jpg 20140215_04.jpg
▼HALの先端ロボット開発学科のチームの奮闘ッ!
20140215_11.jpg 20140215_12.jpg
▼入学前の高校生たちも参加して、エキシビジョンマッチも行いました。
20140215_13.jpg 20140215_14.jpg
また明日も開催します!
観覧無料ですので、興味がある方はぜひお立ち寄りくださいネ。
◆ROBO-ONE/ROBO-ONE Light
http://www.robo-one.com/index.html
◆HAL東京にて開催したロボットフェスタの様子はコチラ
http://blog.hal.ac.jp/tokyo/262.html