トヨタテクニカルディベロップメント×HAL東京 ケーススタディ始動!!

 HAL東京のロボット学部では、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(以下、TTDC)とのケーススタディに着手しました!
toyota①
 TTDC 第2電子技術部は、トヨタグループの企業の中で、特に自動車関連の電子システム開発を得意とする部署です。今回の取組みでは、今後の新サービスにつながるような斬新なアイデア発見に、若手クリエイターとしてHAL東京の学生が貢献するという、非常にやり甲斐のあるプロジェクトとなります。
世の中で必要とされるニーズをとらえ、それを製品として見えるものにしてゆくという、ロボット学部にピッタリの取組みです!
toyota②
 当プロジェクトは、6月初旬よりスタートし、TTDC様からの講義を含め、企画・発表の場をこれまで2回持ちました。
講義では、ユーザー目線に立った開発の進め方や流れ、業界の現状(高い安全性や環境への配慮など)を、現場の方から直接学びました。また、「運転中に自動的にして欲しいこと」というお題に対して、企画をまとめてゆく過程では、他人の意見を批判せず、大胆な発想を積極的に取り入れる「ブレインライティング」という方法を学びました。
学生から提案された、18件にも上ぼるアイデアに対しては、今後、TTDC様から直接意見をもらう予定です。「業界で活躍されている方から直接アドバイスが頂ける」という、この貴重な経験を、多くの学生が心待ちにしています!
toyota③
 ケーススタディの面白さは、今回のように開発方法を実際の開発者から直接学び、世に出る新しい製品開発に自分が携われる点にあります。
今回のケーススタディから生まれた斬新な学生のアイデアが新サービスとして、世の中に活かされる日が来るよう、頑張れ!未来の開発者たち!
●トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 HP
http://www.toyota-td.jp/
●HAL東京『ケーススタディ』(企業との取組み紹介ページ) HP
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/case_study/index.html

あのASIMOを生んだ田上勝俊氏のスペシャルゼミ!

今回はホンダの2足歩行ロボットASIMOの生みの親である有限会社ヒューマンリンク(元・本田技研株式会社常務取締役)田上勝俊氏によるスペシャルゼミです!
tagamishi①
田上氏は始めに2足歩行ロボットの開発過程の話をして下さいました。そこでは、足の衝撃緩和にゴムを入れるという先入観のない提案や、「転ばせまい」とするのではなく転ぶ方向への力を逆に利用することによって重心のバランスをとろうという「逆転の発想」など、開発にはさまざまな知恵の結晶が積み重なっていたことを話して下さいました。その発想の転換は、研究開発におけるロボット学部の学生達の格好のヒントとなりました!
tagamishi②
tagamishi③
また田上氏は、少子化によって労働力が低下していく先進国において今後、ロボットが活躍していく可能性や、多様なニーズに応じた製品を瞬時につくりあげる技術が将来ますます必要になってくることを伝え、生産ロボット産業技術が担う重要性を学生たちに説いて下さいました!
学生たちもロボット産業の明るい未来に胸を膨らませている様でした!
さあ、田上氏に続いてHAL東京の学生も世界をアッと驚かす製品を世に出していこう!
●有限会社ヒューマンリンク
http://www.humanlink.ne.jp/index.html
●HAL東京 公式HP プロが直接指導『スペシャルゼミ』
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/special/index.html

【IT・WEB・情報セキュリティ】サイバーセキュリティのスペシャルゼミを開催!(トレンドマイクロ株式会社)

 業界で活躍するプロフェッショナルがHALの教壇に立つ!プロ育成のための授業であるスペシャルゼミ。IT・WEB分野での開催報告です!今回講義をしてくださったのは、トレンドマイクロ株式会社の執行役員で統合政策担当部長の小屋晋吾氏。
trendmicro_001.jpg
日本屈指のサイバーセキュリティ企業の視点から、国政のサイバーテロ対策や情報防衛策などについても政府にアドバイスをされているご経験なども含めて、IT学部の学生たち垂涎の「IT・セキュリティ業界のトレンド」の最先端の動きなど、興味深いお話をたくさんいただきました!
trendmicro_007.jpg
trendmicro_004.jpg
「セキュリティに関する将来の話をし始めると、どうしても暗くなっちゃうんですよね~」と、むしろ明るく展望を語る小屋さん。その軽妙な語り口に、学生たちは興味も手伝ってぐいぐいと引き込まれていきます。なにより、普段は聞く事ができないような「サイバー攻撃の分類とその詳細」や「セキュリティのプロが分析する今後の展望」という玄人好みの内容ですから、面白くないわけがありません!
trendmicro_005.jpg
デバイスの進化、変遷によって、サイバーセキュリティもまた進化していくんですね・・・。ウェアラブルデバイスの「かつら型」(!)というのを、ソニーが特許取得している、なんていうマニアックな情報も・・・!
trendmicro_003.jpg
IT学部の学生としては、トレンドマイクロ社は最大目標のひとつ。
そのトレンドマイクロ社が「どんな技術者を求めているか」、という同社役員の小屋さんの言葉は、もちろん漏らさず聞いてメモ!
trendmicro_002.jpg
通常の授業ではなかなか触れる事ができない、最先端情報を得られるスペシャルゼミでは、質問タイムも重要な勉強の機会ですね!
トレンドマイクロ株式会社 公式サイト
http://www.trendmicro.co.jp/jp/index.html
HAL東京 業界直結 スペシャルゼミについてはこちら
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/special/index.html
ソニー 「スマートかつら」についてのニュースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MWV5BZ6S972A01.html

【CG・映像・アニメ】卒業生の特別講演!映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』のメイキングセミナー開催!

Seiya_KeyVisual.jpg
c2014 車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会
 HAL東京のCG学部出身の卒業生、東映アニメーション株式会社の小倉裕太さんが来校!現在制作に携わっている6月21日公開の新作映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』のメイキングセミナーを開催いただきました!
toei_seiya1.jpg
小倉さんはHAL東京を卒業後、東映アニメーションに入社し、プロダクションマネージャーとしてCGやアニメーションを制作するデザイナーのマネジメントを担当。これまでに『ONE PIECE 3D 麦わらチェイス』(2011年)や『アシュラ』(2012年)といったアニメ作品に携わっています。
toei_seiya2.jpg
卒業生の後輩指導!の一環で、公開直前の『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』のCGアニメーション制作テクニックの解説として、このメイキングセミナーの開催となりました!
toei_seiya4.jpg
キャラクターモデリング、アニメーション付け、ライティング、エフェクトといったCGアニメーション制作の過程からキャラクター設定秘話などの制作現場の裏話など、動画を使用しながら解説されていました!
toei_seiya3.jpg
学生たちは、普段学んでいる3DCGソフト「Maya」「After Effects」でのテクニカルセッションに興味津々!技の幅広さに驚きと歓声が!
toei_seiya6.jpg
質疑応答では技術的な質問だけでなく、アニメ制作の仕事に就くための就職のアドバイスをHAL東京の卒業生である小倉さんに聞く、など講演は先輩後輩の関係からか、終始和やかな雰囲気で行われました!
toei_seiya5.jpg
学生たちは、身近な存在である「卒業生」から話を聞けたことで、よりリアルな自分の将来像をイメージできたようです!
映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』 公式HP
http://saintseiya2014.com/
HAL東京公式 卒業生インタビューサイト「CROSS HAL」
http://www.hal.ac.jp/cross/

【CG・映像・デザイン】ケーススタディ 「GU(ジーユー)×HAL 共同プロジェクト」始動!

HAL東京の企業との共同プロジェクトを次々に紹介して行きます!
グラフィックデザイン分野の「ケーススタディ」として、あのユニクロの姉妹ブランド「GU」のWEBサイト向けの販売促進バナーの制作プロジェクトが始動しました!
GU001.jpg
このプロジェクトを推進してくださるのは、株式会社ジーユーでデジタルマーケティングチームの齋藤和樹氏。企業として、どんな目的のバナー広告を求めているのか、どのくらいのクオリティを要求するのか、プロの仕事と同じ基準で学生たちに注文が飛びました!
GU002.jpg
↑ジーユーの齊藤氏よりブランドイメージの落とし込み!販売促進用バナーに対する要求が次々と繰り出されました!
GU003.jpg
↑実際に「売れる」バナーを!とのリアルな要求に、学生たちには緊張感が走ります!
 今回のプロジェクトもご多分に漏れず、コンペ方式に!採用されたバナーが実際にGUブランドのWEBサイトでリリースされ、クリック数をより多く集めた作品には報償が用意されています!気合が入りますねっ!学生たちのモチベーションもかなりヒートアップしています!頑張りましょう!
実際に、GUのサイトで6月末ごろのリリース予定です!
学生達のバナーを、ぜひご覧になってください。お楽しみに!
HAL東京 産学直結ケーススタディ について
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/case_study/index.html
株式会社ジーユー
http://www.gu-japan.com/
株式会社ファーストリテイリング 公式HP
http://www.fastretailing.com/jp/