【カーデザイン】業界最先端のホンダスペシャルゼミを開催!

HAL東京では、各業界から第一線で活躍するプロを指導者として迎え、より実践的な授業「スペシャルゼミ」を開催しています。
本日は、株式会社本田技術研究所(以下:ホンダ)四輪R&Dセンター デザイン室 室長 木越 由和 氏をお招きし、カーデザイン学部の学生に向けてスペシャルゼミが開催されました。
ホンダ車のユニークかつ独特の機能美を持つデザインは、どのような考え方で産まれてきたのかをシビック、トゥデイ、CR-Xデルソルなどを手がけ、現在は四輪開発のデザイン室を統括する木越氏から「ホンダの車への考え方」について指導頂きました。
ホンダブログ①
自動車業界の規模、1車種だけで何千億何兆円規模になる売り上げを左右するデザイン開発の重み、グローバルモデルと国ごとに異なるニーズの双方を見据えた開発、デジタルツールを駆使したホンダの原点である「三現主義」(※)、デザイナーやモデラーの役割と責任、など詳しくお話して頂きました。
ホンダブログ②
最後に、実際のスケッチを解説頂きながら、「デッサンを極めること」、「一般常識も含め様々な知識を身につけること」、「コンセプトを考えること」といった具体的なアドバイスを頂きました。木越氏のカーデザインにかける想いを受けて、学生たちは皆積極的に質問をするなど熱心に講義を受けていました。
(※)三現主義:三現とは「現場」「現物」「現実」のこと。一般には「現場で現物を見て現実を知り、現実的な対応をする」ことと説明されるが、ホンダの三現主義には、そこに「本質」というキーワードが組み込まれている。「現場・現物・現実を知ることで、本質をつかむ」ことである。
株式会社本田技術研究所
http://www.honda.co.jp/RandD/

【カーデザイン/CG・映像・アニメ】 ツナグデザインのスペシャルゼミ開催!!

 2005年愛・地球博で発表されたパーソナルモビリティ『i‐unit』、電動バイク『zecOO (ゼクウ)』、トヨタ自動車と共同開発をしたボディをカスタマイズできるコンセプトカー『Camatte (カマッテ)』、普通免許で公道走行可能な3輪自動車の『Ouroboros(ウロボロス)』などワクワクするデザインを提案し続けるznug design(ツナグ デザイン)の根津 孝太 氏がHAL東京に来校!カーデザイン学科・CG学科の学生に特別講義を実施いただきました。
「クリエイティブ・コミュニケーター」を自称され、つくりたいモノのイメージを訴えながら、様々な人たちを“巻き込み”ながら“わくわく”を生み出しつづけている根津氏に「 コミュニケーション = クリエイション 」というテーマで語っていただきました。
ツナグブログ①
「ものづくり=人のつながり」、「アイディアはコミュニケーションの中から生まれる」、「ちょっとしたアイディアをチーム内での徹底的な対話によって骨太な企画にする」など自分のご経験も織り込みながら語られました。
ツナグブログ②
クルマ以外にも椅子やランチボックスなど、機能・デザイン性で生活を豊かにする製品のデザインを手がける根津氏が考えるのは、「プロダクトデザインは自分がワクワクするものを追求しなければならない」ということ。
ツナグブログ③
講演後は多くの学生からの質問が殺到!!チームが同じ方向に進むためにはどうするべきか、根津氏がコミュニケーションをとる上で心がけていることは、作品のネーミングの由来は、など丁寧にお答え頂きました。
将来日本のモノつくりの現場で活躍を夢見る学生たちに、デザイナー志向の根幹となる“精神”を注入していただきました!
znug design ツナグデザイン 公式サイト

【ゲーム】シグナルトークのスペシャルゼミを実施しました!

本日は、HAL東京ゲーム学科2年生を対象に株式会社シグナルトークより代表取締役の栢 孝文(かや たかふみ) 氏をお迎えし、「夢を実現するたった1つの方法」をテーマにスペシャルゼミを実施しました。
学生の時代からゲームプランナーを志し、大手ゲーム会社でゲーム開発を担当した後、自身で会社を設立、起業家でもある栢氏の考え方を身に着けようと学生は興味津々です。
シグナルトークブログ①
「未来はたまたま決まるものではない。未来は予定だ。」「今日のゴールを書くと実現する」「無理と言われたということは、それだけ価値のあること」など、ご経験から語られる熱い言葉に大いに刺激を受けていました。
シグナルトークブログ②
【栢 孝文氏とは】
1975年生まれ大阪府堺市出身。
セガ、ソニー・コンピュータエンタテイメントでのゲーム開発を担当した後、シグナルトークを設立。高品質のオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」を開発し、60万人の会員を獲得する人気を得る。また、麻雀ゲームによる認知病予防の研究を行うなどゲームの枠を越えて、医療、介護の分野にまで活動を広げている。代表著書『起業すると月曜日が楽しくなる!』(ゴマブックス)が2014年7月12日にAmazon Kindleの総合1位を獲得。
株式会社シグナルトーク 公式HP