【ロボット】第1回NAOロボットコンテスト 最優秀賞受賞!!

日本サード・パーティ株式会社主催 『第1回NAOロボットコンテスト』に、HAL東京ロボット学部4年生の上野正光さんが、
見事『最優秀賞』を受賞しました!!
コンテスト内容は、「pepper(ペッパー)」をソフトバンク社と共同開発したことでお馴染み、フランスのアルデバラン社が開発した
自律型ヒューマノイド・ロボット「NAO(ナオ)」に、ダンスモーションをプログラミングしてつけていくものです。
上野さんは、アルバイト先のコンビニで、偶然、駄々をこねている子供が親に諭されるシーンに着目。
小さい子供の視点でイメージしたアイデアが評価されました。
15_ロボnaoコンテストブログ_1803
▲「うれしいの一言に尽きる」と賞状とNAO型のトロフィーを手に喜ぶ上野さん。
今回、アルデバラン社から推奨されたツールでプログラミング言語のPython(パイソン)を初めて触れましたが、
HAL東京で1年生から、プログラミングの基本であるC言語をしっかり学んできたので、新しい言語にもすぐに対応できたそうです。
基本の徹底はとても大切ですね。
 上野さんの将来の夢は、プログラマー志向で、自分が作ったシステムアプリで世の中を便利にし、
世間の人に喜んでいただきたいと目を輝かせています。
そして、現在、非常に盛んになっているIoT【Internet of Things】(※)の一役を担い、様々なモノとインターネットを
つなげていきたいと意気込んでいます。
 上野さん、この度は最優秀賞受賞おめでとうございます!!
(※)IoT(モノのインターネット)とは・・・コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々なモノに
通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。
HAL東京ロボット学部では、来るべきIoT時代に即したカリキュラムを一早く導入しています。
今回、上野さんは、学部での学習を通じて夢の実現につなげました。
【関連するリンク】
・ALDEBARAN Robotics 公式WEBサイト▼
https://www.aldebaran.com/ja
・日本サード・パーティ株式会社 公式WEBサイト▼
http://www.jtp.co.jp/service/nao/index.html