【ゲーム】先輩インタビュー!

こんにちは!ゲーム学部2年の林です。

 

今回は就職活動真っ只中のゲーム制作学科4年生の金沢涼汰さんにインタビューしました。

図2

 

-本日はよろしくお願いいたします!

金沢「よろしくお願いします!」

 

-ただいま就職活動中ですが、やっておいてよかった、または役に立ったことはありますか?

金沢「やっておいてよかったことは、”企業研究”と”自分研究”ですね、その行きたい会社がどういう方針でやっているのか、また、その会社が自分に合っているのかを判断するためにも、自分を研究して、何をしたいかなど目標を定めることが大切ですね。

また、僕は趣味で6年ほど前からクレイアートをやっているのですが、面接などで話のネタになったり、ここから人のつながりも増えてよかったです、過去に作った作品の写真も持ってきたのでこの記事の最後に見ていってください!」

 

-ありがとうございます!では次に、進学する際にHAL東京を選んだ理由は何ですか?

金沢「色々とありますが、体験入学に参加して、学生のアシスタントスタッフが案内をしてくれたのですが、とても丁寧な対応だったことが印象的でした。HAL東京では『技術だけではなく人としてのマナーも学べる』、と感じたこともあげられますね。」

 

-ありがとうございました!では最後に先輩からHAL東京を検討している方に何かメッセージがあればお願いします。

金沢「チャレンジ精神や意欲のある人は、自分からぶつかっていくと得るものが増える機会がたくさんあるので、是非頑張ってください!」

 

では、先ほども話にあがりました、金沢さんの趣味のクレイアートの作品の制作過程の写真をいただきました!何を作っているか予想してみてください。

図1

 

正解は「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」に出てくるムジュラの仮面でした!

趣味とは思えないほど、細部に至るまで器用に再現していて、本格的なクレイアート作品でした!

 

本日はありがとうございました。先輩からの話は記者の私自身もとても勉強になりました!金沢さん、ありがとうございました!

 

◆過去のゲーム学部関連ブログはこちら

http://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/game

【ミュージック】HALのTVCM楽曲を手がけているTeddyLoidさんが来校

今年のHALのTVCM楽曲を手がけている

アーティストのTeddyLoidさんがお忍びで来校されました。

 

TeddyLoidさんは自他共に認めるゲーム好きで、

実際に仕事としてゲーム音楽を手がけるなど

ゲーム業界にも精通しています。

 

そして実は、HALミュージック学科の福井健一郎教官が

コナミ、スクウェア・エニックス時代に手がけた

ゲーム音楽作品が好きだったことから意気投合しました!

 

TeddyLoidさんの最新作『SILENT PLANET』を手に

福井教官と記念に1枚。

teddyloid_fukui

※左:TeddyLoidさん 右:HAL東京ミュージック学科 福井健一郎教官

【IT・WEB】PMラボラトリー スペシャルゼミ開催

今回は、PMラボラトリー 代表 冨永章 氏にお越し頂き、スペシャルゼミを開催。

『目的達成のためのプロジェクトマネジメントとは何か』をテーマに、
HAL東京 IT学部の学生が講義に参加しました。

 

CIMG5677

 

冨永氏は1971年、日本IBMに入社。システムエンジニアとして数多くの
プロジェクトをマネジメントし、専務取締役の職に就かれていました。
2009年PMラボラトリーを開設し、PM(プロジェクトマネジメント)
を社会に浸透させるため、日々精力的に活動されています。

 

PM(プロジェクトマネジメント)とは、
チームに与えられた目標を達成するために、
人材・資金・設備・スケジュールなどをバランスよく調整し、
全体の進捗状況を管理する手法のこと。

 

将来、社会で活躍していく学生達にとって、
プロジェクトマネジメントは欠かせない重要な考え方。
ご自身の経験談や過去の企業の例などを挙げ、
学生達に分かりやすくお話し頂きました。

 
CIMG5681

 

「プロジェクトに想定外はつきもの。事前に計画をたて、
小さな目標を積み重ねていって、目的を達成する習慣をつけること。
PMは皆さんにとって仕事がうまくいく大きな要素になります。」

 

これから社会で活躍する学生達にとって、
冨永さんのお話はとても刺激になってことでしょう。
冨永さん、ありがとうございました。

【ゲーム】GREAT GAME GALLERYを開催しました!

こんにちは!ゲーム学科2年の林です。

先日、ゲーム学科イベント「GREAT GAME GALLERY +tournament (略称:G3)」が開催されました。

G3とは、3・4年生が作ったゲームを在校生が体験できるイベントです。

就職活動を控えている、就職活動真っ只中の先輩の作品はどれもクオリティーの高いものばかりでした。

 

①

▲先輩の作品を見に来ているので会場は人でいっぱいです!

 

また、イベント中に先輩の作ったゲームを使用した「e-スポーツ」がトーナメント式で開催しました。

 

②

 

最終決戦の様子ですが、白熱とした対戦で、観客として見ている在校生も大変盛り上がっていました!

 

③

 

トーナメントを勝ち抜き見事優勝した、ゲーム学部2年生:渡辺健介君にはトロフィーが授与されました!おめでとうございます!

 

ゲーム学科では、このように学生を跨いだイベントを毎年多く開催しています。

4月に入学してきたばかりの1年生も刺激を受け、良い経験になったかと思います。

今後もゲーム学科のイベントを、ブログにアップするので楽しみにお待ちください。

 

◆過去のゲーム学部関連ブログはこちら

http://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/game