【IT・WEB】GMOインターネット スペシャルゼミ!

国内に87社、海外17カ国に展開しているGMOインターネットグループ。インターネットに関する様々な商品やサービスを提供しており、国内No1のシェアを誇る事業もいくつも展開している国内最大級の総合インターネット会社です。今回は、GMOインターネット株式会社から石屋圭太郎氏をお招きして、『ユーザーファーストなインタラクティブWEBコンテンツの未来』をテーマに、スペシャルゼミを開催しました。

 

①

 

「ユーザーファーストなインタラクティブWEBコンテンツ」とは
視覚効果・演出・動きなどを用いて、「使いやすさ」と「正確な情報伝達」をWEBで表現したものを指します。

 

②

 

今までWEB制作に精通してきた学生たちでしたが、石屋氏の話を通じて、ユーザーの気持ちを考えることの大切さ、利用シーンごとに表現を使い分けることの重要性などを学びました。また、「表現」という観点では、技術を駆使して前面に押し出しがちだが、時には表現を抑える勇気、そして表現を抑えつつも分かりやすく伝えるセンス、も大事であることを石屋氏の実経験を触れながら分かりやすく教えていただき、学生たちは熱心に聞き入っていました。

 

最後に石屋氏からエンジニア、クリエイターとして
『100%の回答を用意する』『必要なのは技術ではなく、責任とプロ意識』という熱いメッセージを頂き、学生たちにとって、学びの多い講義になりました。

 

【GMOインターネット株式会社 公式HP】

https://www.gmo.jp/

【イベント】留学生イベント「第二回 留学生クリクリエーション」開催!

①

 

いよいよやってまいりました!第二回「留学生クリクリエーション」!

今回は「日本語タイピング王選手権!」というパソコンでタイピングの速さを競い合うイベントを開催しました。

1年生~4年生まで、学年・学科を跨ぎ、さらに様々な国の留学生が集まりした!

なんと、日本人学生や教官も参加!そこでは熱い戦いが繰り広げられました。

 

日本語のタイピングなので、日本人が優勢に進むかと思いきや、その予想を覆し、留学生の活躍が大いに見られました。

日本人顔負けのスピードで、日本人学生と教官を次々と撃破、会場がどよめきました。

決勝戦はシンガポール出身の留学生:アニメが大好きなタンテンシェンくんと、ロボット学部教官:パソコン歴20年の山口先生との一騎打ち……

接戦を制し勝ったのは…山口先生!!!!

2人共にタイピングさばきがとてつもなく早く、会場では驚きを越え笑いも起こり、山口先生とタンテンシェンくんとの対戦は会場を多いに盛り上がりました!

 

②

※シンガポール出身 ゲーム学部1年 タンテンシェンくん 真剣な表情です!

③

※ロボット学部:山口先生とミュージック学部:福井先生との対戦の様子

 

また、HAL東京を卒業して、アソビモ株式会社で3DCGデザイナーとして活躍しているパロッタ ニコルさんを呼んだ講演もありました。

「就職活動に大切なこと」「学生生活でどんなことを学んだのか」「仕事を通じて学んだこと」

 

…など、どれも学生たちにとって大変興味がある内容でした。

特に日本語上達に向けては日々の練習も必要ですが、「日本人の友人を多く作ること」とアドバイスもいただけました。また、パロッタ ニコルさんの学生時代のポートフォリオ(作品集)も見ることが出来、留学生の皆は作品の観点からも大変勉強になりました。

 

④

 

HAL東京では、このような留学生イベントを定期的に開催しており、様々な国・学部・学科の留学生同士の絆を築いています。また次回開催でもブログをアップしますので、ご期待ください!

 

⑥

 

【第一回 留学生クリクリエーションのブログ】

http://blog.hal.ac.jp/tokyo/1027.html

 

【アソビモ株式会社 公式HP】

http://asobimo.com/