HAL大阪のスピルバーグここに現る!

学業以外にも積極的な学生をご紹介。ゲーム学部2年K君は、監督として自主制作の映画を手掛けており、先日、学内で作品上映会が行われました。そのK君に突撃インタビュー!

 

こんにちは
イベントASでCG学部1年生の裕羅ですno06thumb3
先日、監督として自主制作で映画を完成させられた先輩の映画上映会の方にお邪魔させてもらいました。
ということで今回はそんな監督を務めた先輩にインタビューしてみたいと思います 。

 

お邪魔した映画上映会とはこちら↓

uijinsousa2016年7月19日(火)自主制作映画「初陣捜査~夏の陣」を、18時半より153教室で上映します!!是非ご覧ください。

「初陣捜査~夏の陣」
綿密に計算された連続殺人事件。
400年を超えて交錯する歴史の闇。
今、時を超える歴史ミステリーが幕を開く!!

上映日時 7月19日(火)
上映時間 18時30分~ (約30分)
上映場所 HAL大阪 15階 153教室


今回インタビューさせていただくのは、ゲーム学部2年のK先輩です。

no06thumb3「今日はよろしくお願いします!」
「よろしくね!」
「あの質問に入る前に、気になったことがあるのですが、、なぜゲーム学部なのに映画を?」
–––––「やっぱり気になった?理由はね、色んな経験をしたいからだよ」
色んな経験ですか?」
–––––「そう!色んな経験をして自分の引き出しを増やしておきたいんだ」
「なるほど!自分の可能性を信じることが大事なんですね」
–––––「そう!そうゆうことだね!」


今回の映画製作の初動

IMG_1407
「では本題なんですが、なぜ今回映画を作ろうと思ったんでしょうか?」
–––––「実は映画製作自体は今回が2回目でね高校3年生の文化祭に作ったのが最初でまたあの感動を味わいたいなと思って今回作ったんだよ」


ジャンルについて

IMG_1408
「そうなんですねは今回の映画のジャンルを歴史ミステリーにしようと思った理由は何ですか?」
–––––「あ~それはね、刑事ものの映画をつくりたくて刑事もの=ミステリーかなっていうのとヒントを得に博物館に行ったときに大坂夏の陣の展示を目にして歴史要素を入れようと思ったんだよ」


製作について

IMG_1412
「ちなみに今回の制作にあたっての期間と人数はどれくらいかかったんでしょうか?」
––––––「そうだね~期間はだいたい半年、人数は僕を含めて11人だね」
「全てHALの学生ですか?」
––––––「いや、3人はHALの学生だけど残りの8人は他の学校の友達やね」
「繋がりって大事ですね」
––––––「君も色んな学科、学校の子と知り合っておくといいよ!」
「はい!わかりました!」


自主で映画製作をして良かった点

IMG_1409
「今回映画を見させていただきましたが先輩にとって映画製作をして良かったと感じた点はありますか?」
––––––「そんなの簡単!上映が終わった瞬間みんなから拍手をもらえた瞬間だよ!自分の作った作品が良い評価をされるこれほど嬉しいことはないね!」
「確かにそれは嬉しいですね」


次回作について

IMG_1406
「色々お答えいただきましたがこれで最後の質問になります。ズバリ!次回作の予定は!?」
––––––「もちろん!作るよ!来年までに完成させたる!」
「それは良き良きです!楽しみにしてます!」


このようにHAL大阪では学校の授業外のプライベートで自主的に作品を作っている学生が存在します。
彼らの作品は将来的に就職活動での大きな武器になるでしょう
ですが就職活動の為というわけではなくクリエイターとして自分自身が楽しむことが最も大事なんだと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

no06thumbwritten by  裕羅(ゆうら)
CG学部1年 大阪府立大塚高校
漫画大好き人間です。目指すはCG分野での活躍!
楽しくHAL大阪の風景伝えます!


ハルブロ(HAL大阪ブログ)TOPへ