CEDECにて卒業生が登壇・発表!

本日(8/24)から3日間開催のゲーム開発者イベントCEDECで、HAL大阪の卒業生が登壇・発表されます。卒業生の活躍情報として、詳細をお伝えします。

 

こんにちは! ハルブロ編集長です。

 

CEDEC2016 8/24(水)~26(金) パシフィコ横浜
(Computer Entertainment DEvelopers Conference)

CEDECとは、東京ゲームショウや日本ゲーム大賞を主催するCESA(一般社団法人コンピュータエンタテインメント教会)が開催している日本最大級の開発者カンファレンスです。つまり、ゲーム開発者が最新技術を発表する集まりなんです。

その場で、HAL大阪の卒業生(実はもっといるかもしれないですが・・・情報求む!)が演壇に立って発表する!という情報を聞きつけました。

 

株式会社バンダイナムコスタジオ 長谷 洋平 さん(2009年3月卒)

株式会社Cygames     佐藤 勝彦 さん(2012年3月卒)

 

卒業生が最新技術を発表しているとは、少し驚きましたが誇らしい気持ちでいっぱいです

それぞれについて、以下、もう少し詳しく紹介したいと思います。

 


株式会社バンダイナムコスタジオ 長谷 洋平 さん(2009年3月卒)

ph_01_hase

【講演タイトル】(クリックでCEDEC紹介ページに飛びます)
LOST REAVERSにおけるAI Directorの試み

 

編集長が個人的にも注目しているAI(人工知能)に関する講演です。実は昨年のCEDEC2015でも講演されていたんです。その内容が公開されていましたので、ご紹介しておきます。

CEDEC2015まとめ
バンナム、スクエニ、東ロボ、MS――人工知能や機械学習はゲーム開発者に何をもたらすのか

 


株式会社Cygames 佐藤 勝彦 さん(2012年3月卒)

photo_sk2

【講演タイトル】(クリックでCEDEC紹介ページに飛びます)
ShadowverseのゲームデザインにおけるAIの活用事例、 及び、モバイルTCGのための高速柔軟な思考エンジンについて

 

長谷さんと同じくAI(人工知能)に関する講演。カードゲームにおけるキャラクターAIに関する内容です。

 


 

CEDECでは、AI(人工知能)の他、VR(バーチャルリアリティ)をテーマとした特別企画もあったりして、まさにSAO(ソードアートオンライン)の世界が実現する日が近いのではないかとワクワクしますね。私が老人ホームに入居するころには、同じ入居者とボス戦攻略の作戦会議やってたりして(笑)

 

在校生の皆さんが、先輩に続いてCEDECのような場で将来活躍することを期待しております!
(・・・とプレッシャーをかけてみる