【日本ゲーム大賞】入賞チーム紹介 第4弾
~Project D.D.W~

日本ゲーム大賞2016入賞チーム紹介の最終回。第4弾、「Ding Dong War」を制作した「Project D.D.W」です。

 

ハルブロ編集長です。 いよいよ今週末。みんな~盛り上がってないわけないよね~!

 

チーム名:Project D.D.W(プロジェクト ディーディーダブリュー)
作品名:Ding Dong War(ディン ドン ウォー)

ddw_c1

 

<作品紹介>
自分の拠点から線を繋ぎ、その線上にユニットを流して戦うタワーディフェンスゲーム。
線の引き方を考えたり、流れるユニットの速さを変えたりして色々な動き方をする敵を倒していき、敵を全滅させるとゲームクリア。普通のタワーディフェンスと違い、パズルのような思考と、瞬間的な判断をさせることで、独特の面白さを味わえる作品に仕上げています。

 

<Project D.D.Wのメンバー紹介!>

ddw_all

(前列、左より)
ゲーム企画学科3年 上田 朋哉 [大阪府立 吹田高等学校]
ゲーム制作学科3年 宮原 敏史 [奈良県 西大和学園高等学校]※チームリーダー
ゲーム制作学科3年 鹿田 周吾 [鳥取県立 鳥取西高等学校]

(後列、左より)
ゲーム企画学科3年 森 大地 [八洲学園高等学校(梅田)]
ゲーム制作学科3年 中島 諒亮 [大阪府立 枚方津田高等学校]
ゲーム制作学科3年 木元 建文 [京都府立 鳥羽高等学校]
ゲーム企画学科3年 甚内 元喜 [大阪府 箕面自由学園高等学校]

(左下)
ミュージック学科3年 林 貫志 [京都府立 鳥羽高等学校]

 


動画で確認したい方はこちら。

 


1年生の有志メンバー(AS)によるゲーム体験の様子

 

質問に答えてもらったのは、チームリーダーさんです。

 

ddw_p3

 

タブレットのゲームとして作られていますが、実機を東京ゲームショウでの展示のために送ってしまっているということで、スマホ上で体験。なんと、最新スマホのGalaxy S7

 

ddw_p1

 

[1年AS]めっちゃ、いいBGMですね。効果音もすごいです!(皆さんも是非、動画で確認してみてください)

[リーダー]でしょ?ミュージック学科のメンバーがいるからね。ミュージック学科の友人は大事にした方がいいよ。

[1年AS]やっぱり音って大事ですよね。僕も音にこだわったゲームをつくりたいです。

 

ddw_c2

 

[1年AS]ところで、苦労したところってどこですか?

[リーダー]デザイナーがいなかったので、デザイン面で苦労したね。正直、デザイン面は妥協してる

[1年AS]といいながらも、なかなか見応えのあるグラフィックですよね

[リーダー]ゲームデザイン学科4年生のO先輩に協力求めたんだけど、「1週間しかないなら制作に関わるのは無理・・・」ということで、アドバイスだけもらい、結局グラフィックやエフェクトは自分たちだけで作ることになってしまった。でもアドバイスのおかげでなんとか形になりました。
Special Thanks、O先輩!

 

ddw_c3

 

[1年AS]制作期間はどれくらい?

[リーダー]3月初旬のテーマ発表からGW明けまではずっと企画を練ってた。プログラムを組み始めたのが5月中旬からだから、プログラム制作としては1か月ぐらいかな。本当はできればプランナーチームのレベルデザイン(難易度調整のこと)に時間をもっとたくさん確保したかったんだけど、時間がなかったので、レベルデザイン調整はプログラムと並行してやってた感じかな。

[1年AS]なんだか、めちゃめちゃ大変そうな作業風景が目に浮かびます・・・

[リーダー]あ~、その頃はずっと「ブギ」ってたかな(注釈:カラオケBOXに滞在すること)。朝6時になったら起こしてもらえるので、授業遅刻の心配がなく、安心して作業ができる(笑)。徹夜つづき・・・

 

ddw_p2

 

[1年AS]HAL大阪に入ってよかったことってなんですか?

[リーダー]すごい技術力の高い先輩がいたんで、仲良くなっていろいろ教えてもらった。仲良くなると「帰るの面倒だから泊めてや」なんて言われるので、「いろいろ教えてくれるならいいすよ」っていう感じで、ゲーム制作の技術談義をいろいろ吸収できたのがよかった。

それから同期にも恵まれたかな。他のチームのリーダー達がそれぞれすごいレベルなんで、競い合ってた。今回も他の学校というよりは、同じクラスの他チームをライバル視してるかな。

やる気にさせてくれる先生がいたのもよかった。

 

ddw_c4

 

[1年AS]最後に一言。何かあれば・・・

[リーダー]もう来年の話になるけど、今の2年生には14年連続入賞を守るためにも頑張ってほしいかな。下級学年がゲーム作っているところに顔出して、いろいろアドバイスしてるつもり。自分も先輩にいろいろ教えてもらったからね。

[1年AS]先輩、後でLINE交換させてもらっていいっすか? 僕もいろいろ学びたいです。

[リーダー]すぐ返信できないかもしれないよ?

[1年AS]あっ、全然いいです。それから、よかったら泊りにきてくださいw

 

ddw_p4

 

と、最後はLINEの交換してお開きになりました。

 

no18thumbMain reporter  かっぱ
ゲーム制作学科1年 滋賀県出身
好きなものはマンガとサッカー。嫌いなものはキュウリ。
ゲーム作りの技術や知識との出会いを楽しんでいます!

 


日本ゲーム大賞2016 アマチュア部門 記事一覧

trail_01 第1弾  チーム名「Project Trail」 9/12UP

route_c1 第2弾  チーム名「チーム大陸」 9/13UP

noplan_c1 第3弾  チーム名「NoPlan」 9/14UP

ddw_c1    チーム名「Project D.D.W」 9/15UP

受賞速報 受賞速報 発表授賞式の結果 9/17UP


ハルブロ(HAL大阪ブログ)TOPへ