2016年度 静止画報「勝」vol. 1 完成!

グラフィックデザイン学科4年生が制作していた冊子 「静止画報」vol.1が完成しました! そこで今回は静止画報の編集長に紹介記事をお願いしました。

 

こんにちは、グラフィックデザイン学科4年のタケアキングダムです!

今回半期にわたりクラスで制作してきた冊子「静止画報」の1号目が完成しましたので、
編集長をつとめさせて頂きました、私がレポートしていきたいと思います!!!

 

そもそも静止画報とは!?

グラフィックデザイン学科4年が、これまでに授業で学んできた技術や知識を総合的に活かし、
完全オリジナルの「CG学部のコミュニケーション冊子」を制作する課題です!
企画立案から制作、そして入稿まで全てを学生達の手で創る。それが静止画報です!

そんな静止画報のロゴと今回のテーマはこちら!

る [まさる]

業界の最前線で仕事をするクリエイター達は、その長年の経験や熟考から、
幾多もの勝負所で勝ってきました。
そんな業界を目指す私達も彼らの後を追いかけ勝利を掴み取っていかなければなりません!!

常勝無敗!常に勝利!

今回の「静止画報」にはそんな力強さや想いが沢山込められています!

もし冊子について気になる人や読んでみたい人は
CG系学科の先生に聞いてみてね♡

 


gahou2016vol1_1

早速ですが、完成した静止画報「勝」vol.1の表紙がコチラです!

表紙のモチーフは「足利義輝(あしかがよしてる)」です。
彼は戦国時代で活躍したとされる人物で、数十本の刀を畳に刺し、敵を待ち受け、
刃こぼれをするたびに新しい刀に替えては 何十人も切り捨て、
最期の時を迎えるまで戦ったとされています。
私達19人は彼の行為にならい、自分自身が武器となり、
この先の未来を「勝ち取っていく」という力強い想いを込めました!

それでは、それぞれの特集の紹介をしていきたいと思います!

 


第一特集
Youは何しにHAL大阪へ?

gahou2016vol1_2

HAL大阪に在学している外国人留学生が、
どのような考えや思いを持ってHAL大阪にやってきたのか?
技術を身につけたい!夢を叶えたい!という思いは
私達以上であると考え、この特集を企画しました。

gahou2016vol1_3

今回は32名の留学生を対象にアンケートを実施。彼らの熱い思いを調査しました!

そして、その中から3人の留学生にインタビューを行わせていただきました!
彼らのインタビューでは、留学生の生の声と日本で勉強して活躍したいという
強い意志が感じられ、
日本人も見習うべき点が沢山あると感じ、とても勉強 になりました!!!

 


インタビュー
有馬 徹 講師インタビュー

gahou2016vol1_4

HAL大阪夜間部グラフィックデザイン学科の講師をされている
有馬徹先生のインタビューを行いました!

物静かでクール。それが有馬先生への印象でした。
インタビューを終えその印象はガラリと変わりました。
物静かだけれど、熱い!!それが有馬先生でした。
これから社会に出て働く我々も学んでいかなければならない
お話をたくさん聞かせて頂きました!!

 


第二特集
内定ゲットだぜ!

gahou2016vol1_5

内定を手にした学生は、就職活動をするにあたり、どのようなことを心がけ、
またどのような作品を制作したきたのか?
この特集では、これから就職活動を始める学生達に向けての
アドバイスをメインとした特集として企画しました!
6月時点でCG系学生が内定を手にした人数は23名!彼らにアンケートを実施し、
その中から6人にインタビューを行いました!

インタビューから見えたことは、第一志望の企業に内定している人物は、
大阪地区または東京地区の「就職作品プレゼンテーション」に出展し、
企業様からオファーを頂くことができたことが大きかったことです!
実は私もその一人です(笑)
内定者達は、課題だけではなく、自主的に作品を制作しており、
友達や先生に意見を積極的に聞きに行くなどして、
授業時間外で努力を続けていたことがわかりました!

 


今回の制作を通して、編集長として全体のスケジュール管理をきちんと行い、
チームをまとめることの難しさを実感しました。
次号では編集長は変わりますが、沢山勉強になりました!

告知!!
静止画報「勝」vol.2の完成は、2月上旬予定!!

ぜひ、お楽しみに。

 

no21thumbwritten by タケアキングダム
グラフィックデザイン学科4年
清明学院高校、大阪産業大学卒
何事も前向きに考えることを意識して生きてます。
ちなみに、ハンバーグが好きです。


ハルブロ(HAL大阪ブログ)TOPへ