NTTドコモ × HAL ケーススタディの軌跡!

4~10月にわたり、ロボット学部で行われた最高学年の取り組み、ケーススタディをご紹介します。毎年、取り組むテーマが変わるから面白いんです。今年はどんな内容かな?

 

こんにちは! HAL大阪 先端ロボット開発学科4年 せろりーぬ です!

 

前回は、私達ロボット学部の日常にスポットを当てましたが、

今回は、「最高学年ってどんな勉強をしているの?」という所にスポットを当てます!

 

最高学年になると、ケーススタディという、実際の企業様と産学連携に取り組む科目があるんです。テーマと企業様は毎年変わりますが、今回、快く引き受けてくださったのは・・・

 

NTTドコモ 様!!!!(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

 

それでは、長文になりますが、どうぞお付き合いください m(*_ _)mペコリ

 

~ 3分で分かる! ケーススタディの軌跡 ~ 


4月某日

NTTドコモ  × HAL キックオフ!!

linking_01NTTドコモの原様。

LinkingとはIoTデバイスとスマートフォンを結ぶ画期的な仕組みです。
linking_logo

本技術を用いて、Project Linking の一環として、「androidスマートフォンと、Linkingを用いたシステム設計・作成」がテーマ。

今回のケーススタディは、HAL東京HAL大阪HAL名古屋 3校合同!

 

原様による開発ボードとandroid端末のサンプルアプリのデモ。

「ライフスタイルに革新をもたらしたい」

「学生ならではの柔軟な発想力と企画、それを実現する開発力を期待しています」

静かに、しかし熱く語っておられました。

linking_02

 

熱心に聞き入る学生たち。質疑応答も多数。

この日は盛況のうちに幕を閉じました。

 

この後、各々が企画を作成し、製作期間へと移ります。

そして、HAL東京、HAL大阪、HAL名古屋から作品を提出します。

HAL大阪では、2人1組で1チームとなり、合計 4作品 提出となりました。

 


7月某日

Linkingプレゼンテーション!

linking_03完成した4作品のプレゼンテーション

内容はそれぞれ千差万別で、学生達も緊張した雰囲気…。

 

釣り竿にかかった魚を検知し、釣り人に知らせるシステム「fisherman」のプレゼン。

「釣り人は寒空の下、竿を確認する必要が無くなります」

 

linking_04NTTドコモ の 石川様。

 

それぞれの作品に感想や、アドバイス、評価を頂きました!

「それぞれ違う切り口から企画を考え、作成しているので驚いている」

 

 

実機テストの光景。学生達の目も真剣そのもの(。+・`ω・´)

linking_05 linking_06

 

linking_07学生がポツリ。

あれ?前は動いていたのに……(llllll゚Д゚;)」

 

予想外のトラブル発生!!

 

「これ、あかんやつや…」頭を抱える原先生

 

linking_08 linking_09

 

プレゼンター達は、この日の為に頑張った作品の全てを伝えるべく頑張ります!

緊張しすぎて死んでしまうかと思った… (((( ;゚д゚)))アワワワワ

 

linking_10 linking_11

 

linking_12

質疑応答も多数。

 

「どういう場面を想定しているか?」

 

「一番苦労した部分はどこか?」

 

 

linking_13 linking_14

linking_15

4作品すべてを見終わっての感想。

「どの作品もそれぞれ想いが込められていて、良い作品だった。短い期間だったにも関わらず、こちらの期待を上回っていた。今後もHALとケーススタディをしたい」

 

作品はNTTドコモ様が持ち帰り、ここから3校集めた審査が行われます・・・。

 


月日は流れ…… 10月某日

Linking表彰式!

linking_16

作品の評価視点は、

新規性 … 他には無いものか?
有用性 … 実用的で欲しいと思えるか?
将来性 … 成長性のあるものか?

 

これら三点を基に、社内で厳正な審査が行われました。

 

その結果…

3校、全16作品で選ばれた

最優秀賞は…

 

HAL大阪の 救急システム です!! (゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

linking_17

linking_18

 


受賞企画内容について!

linking_ppt1

linking_ppt2

Androidスマートフォンと、

Linkingデバイスを連携させたアプリ。

 

企画者の体験に基づく、持病を抱えている全ての人をターゲットとした企画内容が、
「現代の一歩先を見たシステム」
「Linkingで世の中を良くするというメッセージが我々の目指す所と一致している」との感想。

linking_ppt3

 

特に有用性、将来性で非常に高い評価を頂きました!!

受賞者インタビュー (゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

 

 

linking_19

先端ロボット開発学科 4年 伏見 元暉 君 (・ω・´)シャキーン  (メインプログラマー)

「受賞できて驚きです。僕はメインプログラミングを担当したのですが、製作期間中は上手くいかず夜眠れない時もあり、とても大変でしたが、努力を形にすることが出来て嬉しいです。今回Linkingというプロジェクトに関わる事が出来て、とても良い経験になったと思います。ありがとうございました!」

 

linking_20

先端ロボット開発学科 4年 岡田 聖梨花 (∀`*)ゞ←筆者 (企画者/サブプログラマー)

「企画者としてとても嬉しいです。途中、プログラミングで詰まったりしてその時々、伏見君と乗り越えました。この場を借りてありがとう。多数の作品の中から今回最優秀賞を頂く事が出来て、とても嬉しいです。今回の経験を糧に今後も精進していきます!」

 

受賞者はNTTドコモ様から、景品と賞状を頂きました!

スーパースマイル(*´ω`*)

linking_21

授賞式を終えて、石川様から

linking_22_2

「短期間の中でありながら、3校のアイデアアプリはそれぞれ、期待を大きく上回るものだった。中でも、利用シーンを新たに発掘した、Linking連携だけにとどまらない機能や完成度の高いUIなど素晴らしく、審査も難航した」

 

今後は、NTTドコモ様から、作成したアプリのブラッシュアップを行い、

Project Linkingからリリースを検討しています!!!

 

no12thumb1written by せろりーぬ
先端ロボット開発学科4年 大阪府立寝屋川高校(夜間定時制)卒
苦闘しつつも楽しみながら学ぶのがモットー。
休日は、おひとりさま禁断の地、USJに行くなど無駄に度胸がある女子

 
(ロボット学部の過去の記事をご紹介!)

アイキャッチ原“神様”の生誕祭!

 

ハルブロ(HAL大阪ブログ)TOPへ