突撃!HALの先生ってどんな人?vol.4
~自称ゲーム屋さん!?~

「HALの先生ってどんな人?」第4弾!卒業生でもあり、現在もゲーム業界で活躍しながら、HAL大阪でゲームの講師でもあり、ゲームオタクでもある、あの先生にインタビューしてきました!

 

こんにちは!….空前絶後のォォ!きりおです

今回は「HALの先生ってどんな人?」早いもので、、、第4弾

現在もゲーム業界で活躍しながら、HAL大阪でゲームの講師も勤めていらっしゃる中川先生に突撃インタビューをしてきました

 


IMG_8349

中川先生がゲ―ム業界でお仕事をしようと思ったきっかけはなんですか?

中川先生:もともと絵を描いたり、見るのが好きだったんだよね。

始めは、父親が映画関係の仕事に就いていたこともあって、映画のアニメーターになりたかった。

でも、父親に凄く反対されて(笑)

今思うと、業界を知っていた父だからこその助言だったと思うんだけどね。

それだったら、元々自分が好きだったドラクエのようなストーリー性のあるゲームを作りたいなぁと。

そこから、映画業界ではなくゲーム業界を目指すようになったというわけ

きりお:なるほど。映画とゲームって繋がってないようで、ストーリー性ということろで繋がってますもんね

 


IMG_8305

 

中川先生はHALの卒業生だとお聞きしたのですが・・・

中川先生:そうだよ。5期生

はじめは芸大を受けようと思ってた。

でも、「キミがやりたいことは、芸大では出来ないよ。」って言われちゃって

当時は、「ゲームを作る」とか「プログラミングを勉強したい」とかは、最先端 過ぎたんだと思います。

それで、どうしようかな〜

って思っている時に、「ゲームの話をしていても、怒られない場所があるよ」ってHALを紹介されました(笑)

当時はゲーム学科なんてなかったので情報処理学科に入学して、こっそりとゲームを作ってました

きりお:ゲーム学科がない時代にHALに通って、ゲーム業界に就職されたんですか!?

中川先生:そうですね。運良く、ゲーム業界に就職できました。

当時は今ほどゲーム業界自体に人がいなかったので、何でもやる!っていうスタイルでしたね。

だから、みんなデザインも出来るしプログラムも組めるし、通称ゲーム屋さんって感じだったね。

 


IMG_8418

中川先生はドット絵のプロフェッショナルだと風の噂で聞いたのですが・・・

中川先生:え??w プロフェッショナルではないけど、そういうお仕事もしてましたよ

そういえば最近もまた依頼がちょくちょく来るね。

後進国(安価なスマホが普及しだしている)でのゲーム向けに

ちょっと昔に日本でも、デコメってあったでしょ?ああいう感じの絵のことだけどね。

昔のゲームは全部ドット絵で出来てたからね。あれ結構難しいんだよ

ドットのマス数と使える色が決められてるんだけど、にもかかわらず凄く注文つけてくる人とかいてさ(笑)

きりお:今、作ってもらえたりしますか!!?

中川先生:いいよ。そんな凝ったものは時間が掛かるから、出来ないかもしれないけど・・・

何がいいかな??

きりお:食べ物とかでもいいんですか???

中川先生:いいよ。あ、じゃあハンバーグにしよっか

 

IMG_8411

ものの数分で、出来上がったハンバーク。美味しそう

そして、描く速さに私たちはきょとんでした。

「もうちょっと時間があったら、まだまだリアルに近づけれるな」とおっしゃっていましたw

 


IMG_8322

中川先生はレトロゲームマニアという噂もお聞きしたのですが・・・・

中川先生:どこから、その情報流れてるんだろう💦w

そうですね。コレクションはたくさんありますよ。

きりお:どれくらいですか!??

中川先生:えーっと・・・動かせるものは150台くらい。

メンテナンスがいるものも合わせたら、ハードは400台、ソフトは7000本くらい。

世界で約5台くらいしかないゲームの筐体なんてのもあります。

16_DSC_6461_1907 16_DSC_6469_1907 16_DSC_6475_1907

きりお:え・・・。想像を遥かに超える量なのですが、、、

見てるだけでワクワクしちゃいます

中川先生:学校に持ってきて、学生とレトロゲーム大会をしたりもしましたよ

毎年の忘年会も、家に30人くらい集まってお酒片手にみんなでゲームをして遊んでます(笑)

やっぱり、ゲームは遊ばないと意味がないからね。

色んなゲームをやることも勉強だから。

たまに昔のゲームを引っ張り出して、今やってみると見え方や感じ方も違うしね。

ゲームが好きじゃないとやってけない業界だと僕は思ってます。

 


自らのことゲーム屋っとおっしゃっていた中川先生。

ゲーム作りは想像通り、大変だけど一度もゲーム屋を辞めたいと思ったことはない!という言葉が印象的でした。

そして、たくさんのゲームコレクションを見せて下さいました!

まだまだ増えそうですよね(笑)

次回はゲーム大会に潜入したいな!なんて野望を抱いておりますw

中川先生、貴重なお話、貴重なコレクションをありがとうございました

 

no07thumb2written by きりお
ゲームデザイン学科1年 大阪府立阪南高校卒
ゲームと映画とMARVELが大好きです。

HALの先生紹介

160610p1 突撃!HALの先生ってどんな人?

アイキャッチ 原“神様”の生誕祭!

川端先生インタビュー-アイキャッチ 突撃!HALの先生ってどんな人?vol.2~先生に訊く!アナログゲームの魅力~

music_utsumi_eye 突撃!HALの先生ってどんな人?vol.3~ゲームサウンドクリエイター~

 突撃!HALの先生ってどんな人?vol.4~自称ゲーム屋さん!?~


ハルブロ(HAL大阪ブログ)TOPへ