【IT・WEB】PMラボラトリー スペシャルゼミ開催

今回は、PMラボラトリー 代表 冨永章 氏にお越し頂き、スペシャルゼミを開催。

『目的達成のためのプロジェクトマネジメントとは何か』をテーマに、
HAL東京 IT学部の学生が講義に参加しました。

 

CIMG5677

 

冨永氏は1971年、日本IBMに入社。システムエンジニアとして数多くの
プロジェクトをマネジメントし、専務取締役の職に就かれていました。
2009年PMラボラトリーを開設し、PM(プロジェクトマネジメント)
を社会に浸透させるため、日々精力的に活動されています。

 

PM(プロジェクトマネジメント)とは、
チームに与えられた目標を達成するために、
人材・資金・設備・スケジュールなどをバランスよく調整し、
全体の進捗状況を管理する手法のこと。

 

将来、社会で活躍していく学生達にとって、
プロジェクトマネジメントは欠かせない重要な考え方。
ご自身の経験談や過去の企業の例などを挙げ、
学生達に分かりやすくお話し頂きました。

 
CIMG5681

 

「プロジェクトに想定外はつきもの。事前に計画をたて、
小さな目標を積み重ねていって、目的を達成する習慣をつけること。
PMは皆さんにとって仕事がうまくいく大きな要素になります。」

 

これから社会で活躍する学生達にとって、
冨永さんのお話はとても刺激になってことでしょう。
冨永さん、ありがとうございました。