【ロボット】コンテスト企画発表!

こんにちは、先端ロボット開発学科3年の斉藤です。
今回は2年生によるコンテストに向けての企画発表の模様をお送りします。

 

3チームに分かれて各チームが企画・制作を経て、
GUGEN、Imagin Cup、device 2 cloudの3つのコンテストに参加します。

 

GUGENは日本最大級のオリジナルハードウェアのコンテストです。
コンテストを通じてよりよい未来をみんなで考え、みんなで作り上げるといった趣旨で行われています。

 

Imagin CupはMicrosoft社が主催する世界最大の学生向けITコンテストです。
(世界ですよ?世界!!)
前回大会では日本のチームがファイナリストに選出されて話題になりました。

 

Device 2 cloudはD2Cともいわれ、名前のとおり「クラウドへ繋がる組み込み機器を開発し、無限に広がる可能性をコンテストを通じて探求し、使って楽しく役立つアイディアを実現しよう!」という趣旨で毎年開催されています。最近流行りのIoTやクラウドも使われています。

 

どのコンテストも多くの学生が参加し、技術力を競っています。

 

発表の模様ですが、まずチームの代表者が各の企画をプレゼンし、その後に各チーム場所に分かれて質疑応答や詳しい説明を行うという形でした。

 

%e2%91%a0

 

2年生は1、3、4年生と先生に向けてのプレゼンということもあり緊張している人もいました。

しかし、次第に笑顔でコミュニケーションをとれるようにもなり、とても楽しそうでした。

企画の詳しい内容はコンテストに参加するため控えさせていただきますが、災害や水をテーマにしたもの、子供をターゲットとしたものなどと各チームの個性が出ているものばかりで完成が楽しみです。

良い報告が出来るように、皆さん頑張ってください!

 

▼過去のロボット学部関連のブログはこちら!▼

https://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/robot