【イベント】AS顧問インタビュー!

みなさんこんにちは!CG学科2年の奥山です。

今回は、今年からAS(Assistant Staff)の顧問になりましたHAL東京の教官、牛木 良先生にインタビューをしてみました!

※ASとは・・・教職員と共に「学校運営」を行う学生とその組織を指します。

 

%e2%91%a1

 

-本日はよろしくお願いします。

牛木:よろしく!

 

 

-ではさっそくですが、HAL東京の教官になる前はどんな職種でどんなお仕事をされていましたか?

牛木:そうですね。グラフィックデザイナーとして雑誌デザインやポスター、リーフレットデザイン、それと店舗演出デザインなども手がけていました。

 

 

-このHAL東京の教官となった経緯は何でしょう?

牛木:デジタルが当たり前になった昨今、デジタルに頼ったデザインを手がける新入社員が多くなってきたように感じました。「デザイン」の本質はそれとは全く異なるため、「デザイン」で世の中を変える人材を育てたいという気持ちから教員を目指しました。

 

 

-他の先生にはココだけは負けない!という所はありますか?

牛木:笑顔・明るさ・フレッシュさだと思っています!

 

 

-今年からAS(Assistant Staff)の顧問になりました牛木先生に質問です。これからASをどのようにしていきたいですか?

牛木:学校は学生がつくる場だと思っています。だからこそ、能動的に行動し考えることができる組織にしたいですね。

 

 

-それでは最後にこのブログを見てくださっている方にメッセージをお願いします。

牛木:常に明るく!、常にPop!、そしてEnjoy!(前向きにやっていれば、結果は楽しいものになる!)

 

 

牛木先生の教員としての情熱がとても伝わるインタビューになりました。

 

牛木先生はHAL東京体験入学の教官を受け持つことがあるので、会えたその時は、牛木先生の笑顔・明るさ・フレッシュさを感じてみてください!

 

【体験入学申込】

http://www.hal.ac.jp/tokyo/apply/detail.html?id=727