【ゲーム】内定者突撃インタビューcase2 ちゃんと学校に行ってちゃんと課題を出して、バンダイナムコスタジオに内定!岡崎さん編

今回は、ゲーム学部ゲーム制作学科4年生の岡﨑悠希(オカザキユウキ)さんに突撃インタビューを慣行!
ちなみに岡崎さんの内定先は、株式会社バンダイナムコスタジオのエンジニア。
どんな学生時代を過ごしてきたのでしょうか。早速インタビューしちゃいましょう!
13_okazakiB1031_1403.jpg
▲趣味はオンラインゲームの岡崎さん(HAL東京のゲームスタジオでパシャリ)
=もともとゲーム業界を目指していたの?
高校生のとき進路を考える時期になってなにしようかなと考えたときに、
自分が好きなゲームを仕事にしようという考えに行き着きました。
ゲームのエンドロールで名前が出るのがカッコイイし(笑)
=それからの進路選びはどうしたの?
具体的に「ゲーム」というやりたいことがあったので、大学ではなく、専門学校を選びました。
いろいろな学校も見て悩みましたが、HAL東京は新設校で歴史がない分、
逆に自分が歴史をつくってやるぞ!的な意気込みで選んで入学しました(笑)
あと、当時流れていたHALのアーマードコアとのコラボCMがカッコイイというのもありました。
=前向きなタイプなの?
実は高校の先生からは「ゲーム業界の就職は難しい」というようなことも言われていたのですが
そこも逆転の発想で「だったら、ゲーム業界で働いてみせる!」と強く想う気持ちを持ちました。
=そもそもプログラム経験あったの?
ほぼありません(笑)
高校が総合学科だったので、授業でVisual Basicを少し触っていたのですがそれだけです。
入学前教科書が届いた時に、ちょっと予習しようかなと思ったのですが、
少し読んで、全然頭に入らなかったのであきらめました(笑)
=そんな状況で入学して、どう?ちゃんと授業についていけたの?
正直、ちょっと大変でしたが、わからないことはクラスメイトや先生たちに積極的に質問するようにして、
しっかりと理解してから次に進むように心がけました。
あと、クラスメイトでデキる友達がいたので劣等感がありました。
そこでまた、「負けないぞ」という気持ちを持って自分を盛り上げていました。
=授業はどうでしたか?
1年生ではデザインや色彩、C言語など本当に基礎からの勉強だったのですが
高校と違って、好きなこと(今回はゲーム)に特化した勉強だったので楽しかったです。
自分は特別なことをやったわけではなく、毎日ちゃんと学校きて、ちゃんと課題を出しただけです。
岡崎さんの出席率・課題提出率をあとで確認したら
1年生 出席率99%  課題提出率100%
2年生 出席率100%  課題提出率100%
3年生 出席率99.6% 課題提出率100%
4年生 出席率100%  課題提出率100%
やっぱり、ちゃんと学校に来て、日々学ぶことって大事なんですね。

13_okazaki1031_1403.jpg
▲授業中の様子(本当は授業中の撮影は禁止ですが特別にパシャリw)
=挫折とかあったの?
3年生の冬に企業担当者が1,000名以上来校する「就職作品プレゼンテーション」というのがあって、
就職活動時期の学生は全員参加するのですが、ゲーム作品が完成できずに参加できなかったことです。。。
まわりはみんなゲーム作品をつくって参加して、企業の人からいろいろな評価や意見をもらっているのが
うらやましかったです。
今思えば、もっとしっかりとスケジュールを組んで準備していればゲーム作品を完成することができたと思います。
その失敗した経験が、就職活動の意欲につながったと思います。
=就職活動はどうでしたか?
4社受験し、1社から内定をもらいました。
それが、株式会社バンダイナムコスタジオのエンジニア職で、来年の4月から働きます。
=スゴイね!内定をもらったポイントはなんだと思う?
コミュニケーション能力が活きたということとHALで幅広い分野について学ぶことができたことだと思っています。
バンダイナムコスタジオの筆記試験では、エンジニアだからといってプログラム問題のみ出題されるわけではなく、ネットワーク関係、グラフィック関係、サウンド関係の出題もあって、当時先生から「資格試験の勉強しておけば、いつか勉強して良かったと思える日が来るよ。」と言われてながらも渋々勉強していた資格試験の勉強が活かされました。
「まさかこんなすぐ訪れるとは!!」という思いで一杯です(笑)
=これからの目標を教えてもらっていい?
バンダイナムコスタジオというスケールを活かして、ポケモンを超えるキャラクター・ブランドをつくりあげたいと思っています!もちろんその時はゲームも絡ませていきたいです。
=最後にゲーム業界やクリエイターを目指している人たちにメッセージをお願いします!?
高校の先生から「ゲーム業界の就職は難しい」とアドバイスをもらいましたが、
そこで、あきらめずに、根拠のない根拠と負けず嫌いで「やってやる!」と思って行動した結果が今です。
みんなにも自分がやりたいことをあきらめずに行動して欲しいと思います。
岡崎さんもそうでしたからね。今回はありがとうございました!
HAL東京 2014年3月卒業予定者 内定者速報
http://www.hal.ac.jp/tokyo/joblicense/naitei_1.html