トヨタテクニカルディベロップメント×HAL東京 ケーススタディ始動!!

 HAL東京のロボット学部では、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(以下、TTDC)とのケーススタディに着手しました!
toyota①
 TTDC 第2電子技術部は、トヨタグループの企業の中で、特に自動車関連の電子システム開発を得意とする部署です。今回の取組みでは、今後の新サービスにつながるような斬新なアイデア発見に、若手クリエイターとしてHAL東京の学生が貢献するという、非常にやり甲斐のあるプロジェクトとなります。
世の中で必要とされるニーズをとらえ、それを製品として見えるものにしてゆくという、ロボット学部にピッタリの取組みです!
toyota②
 当プロジェクトは、6月初旬よりスタートし、TTDC様からの講義を含め、企画・発表の場をこれまで2回持ちました。
講義では、ユーザー目線に立った開発の進め方や流れ、業界の現状(高い安全性や環境への配慮など)を、現場の方から直接学びました。また、「運転中に自動的にして欲しいこと」というお題に対して、企画をまとめてゆく過程では、他人の意見を批判せず、大胆な発想を積極的に取り入れる「ブレインライティング」という方法を学びました。
学生から提案された、18件にも上ぼるアイデアに対しては、今後、TTDC様から直接意見をもらう予定です。「業界で活躍されている方から直接アドバイスが頂ける」という、この貴重な経験を、多くの学生が心待ちにしています!
toyota③
 ケーススタディの面白さは、今回のように開発方法を実際の開発者から直接学び、世に出る新しい製品開発に自分が携われる点にあります。
今回のケーススタディから生まれた斬新な学生のアイデアが新サービスとして、世の中に活かされる日が来るよう、頑張れ!未来の開発者たち!
●トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 HP
http://www.toyota-td.jp/
●HAL東京『ケーススタディ』(企業との取組み紹介ページ) HP
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/case_study/index.html