【ゲーム】 10月度Game Creator’s Conference(GCC)開催!!

ゲーム学部恒例一大イベント10月度GCCが本日開催されました。
GCC①
GCCとは、就職内定を決めた先輩が、就職活動の秘訣や秘話、授業や課題制作、グループ制作などで得た様々な知識や経験を、後輩に熱く語るゲーム学部の伝統イベントです。
今回の出演者はこの4名!
GCC②
みんないい笑顔ですが、実は出演前でかなり緊張しています!
それもそのはず、毎回盛況のGCCですが、今回は200人が収容できる教室も満杯!
教室は後輩たちの期待で満たされています!
GCC④
後輩たちの期待に応えるべく、気合を入れて
GCC⑤
10月度GCCいざスタートです!
GCC⑥
まずは、トップバッター ゲーム学部2年制が誇るさわやかボーイ西松士文さんです!
(就職内定先:株式会社セガネットワークス)
テーマは「やってて良かった!就活に役立つ3つのこと」
自分を客観的に評価するための秘訣・・・お勧めのイベント・・・面接の秘訣!などなど、実話を踏まえて分かりやすく語ってくれます。
ちなみに、気になる西松君の面接の秘訣を特別に大公開!
GCC⑦
笑いはとっても大切ですね。
西松さんありがとうございました。
次は、石川鉱一さんです。(就職内定先:サイバーステップ)
テーマは「素行の悪い先輩によるグループワークのすすめ」!
素行が悪い??いったいどういうことでしょうか??
後輩たちも興味津々
GCC③
ちなみに、 “素行が悪い”昔はワルで…というわけではなく、本人曰く、“出席率が悪い”とのこと。
残りの期間はしっかり出席するとのことでした。
しかし、始まってみると、ワルそうな話は一切なく、グループワークで苦労したこと、工夫してうまく出来たこと、リーダーとしての役割、メンバーの役割など非常に真面目に話してくれました。
全然ワルじゃないぞ!石川君!!
GCC⑧
後輩たちもメモを取りながら、真剣に聞いていました。
石川さんありがとうございました。
続きまして3番手、佐野槙哉さん。(就職内定先:株式会社Nagisa)
テーマは「『ずる賢く』HAL東京で出来るようになる方法」。
これまた、一癖ありそうなテーマです。
先生・先輩との付き合い方、出席の重要性、課題・発表会の取り組み方、作品のブラッシュアップの方法など、佐野さん流人間関係の構築方法や技術の向上法などを学生生活やインターンの話を踏まえて語ってくれました。
佐野さんの“ずる賢く”とは“要領よく”の意味。
しかし、やるときはやると決めて、しっかり内定を掴んだ佐野さん。
“やるときはやる!”とても大事なことですね。
GCC⑨
佐野さんありがとうございました。
そして、トリはこの方!
GCC⑩
「むせ返るほどの『我』を出す作品の作り方」がテーマの伊藤涼祐さん。(就職内定先:サイバーコネクトツー)
インパクトたっぷりのテーマ、楽しみです!
伊藤さんの考える「我」の定義、「我」を生かすための手段、プログラマーとして、グラフィッカー・プランナーの仕事をどう考えるかなど自分の強みをどう生かすか、どう他人にアピールするのかを伊藤流で多いに語っていただきました。
伊藤さん、ありがとうございました。
最後は、出演者全員への質問タイム!
GCC⑪
内定先のこと、就活のこと、グループワークのこと、など多くの質問が飛び交いました。
GCC⑫
最後に、はっちゃけ写真を撮って終了!
GCC⑬
皆さんおつかれさまでした!
同校の先輩だから分かる、ゲーム学部の厳しさ、楽しさを惜しみなく語ってもらえるこの企画。
次回も偉大なる先輩方の登場に今から楽しみです!!