【ゲーム】第一期生(4年生)内々定続々! 大手ゲーム会社(ゲームプログラマー)

【速報!!】
今年度、いよいよ第一期生(4年制4年生)卒業の年となり、早くも大手企業への内々定者が続出しています!
見事、就職活動に成功したHAL東京の学生達をインタビューを交えてお届けします。
akane.jpg
近藤 茜 さん(ゲーム制作学科4年生)
【高等学校卒】⇒【HAL東京】⇒
【大手ゲーム会社(ゲームプログラマー)】
-近藤さん、おめでとう!周りのみんなも喜んでくれているんではないですか。
近藤)ありがとうございます!みんな喜んでくれています。父も大喜びです(笑)。
-HAL東京に入学したきっかけは何ですか。
近藤)母に教えてもらったのがきっかけです。最初は大学に進学しようと考えていましたが、どうしてもゲーム会社に行きたいと思っていましたので・・・そんな時に母から「HAL東京という学校があるわよ。」と教えてもらいました。CMも見たことありましたし、学校を実際に見に行ってみて、HAL東京に決めました。
-入学してから、どのような学校生活を送っていましたか。
近藤)とにかくよく学校に残って作品制作をしていました。授業が終わってからは(課題はもちろんなんですが)、教室にあるニンテンドーDSの開発機を使って、学内作品発表会の作品を作ったり、日本ゲーム大賞に出展する作品を作ったりしていました。あとは、PS Vitaのソフト開発をクラスの仲間とチームを組んでおこなっていました。男子が多かったのですが、チームの中でメンバーと連携しながら、いろいろと取り組んできたことが、就職活動の時も高く評価していただけましたので、本当に良い経験でした。
-今の近藤さんからは想像がつかないですけど・・以前は比較的無口なタイプだったみたいですね。
近藤)はい(笑)、人とコミュニケーションをとるのは、あまり得意な方ではなかったです。HAL東京に入ってからは、チームのメンバーと協力していろいろとゲームを作っていったり、業界の第一線で活躍されてきた先生方に鍛えられ・・・特に田中先生には厳し~く鍛えていただいて(笑)、そんな甲斐あって就職活動もなんなく乗り切れました。
-後輩達、特に女子の後輩から近藤さんは憧れの存在だと思いますので、最後に一言アドバイスをお願いします。
近藤)いえいえ、とんでもないです(笑)。先生より出された課題をコツコツとやっていく、目の前にあるものをコツコツとやっていく・・・そんなことを繰り返し、繰り返しやっていくうちに、だんだんと力はついてくるものだと思います。なので、皆さんも焦らず頑張ってください!!私もまだまだ頑張っていきます!!