【IT】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)スペシャルゼミ実施

本日、インターネット広告を中心に様々なデジタルサービスを手掛ける
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下、DACと呼ぶ)の
永松 範之さんによるスペシャルゼミを実施しました。

「マルチスクリーン革命に対応する最新アドテクノロジー」という
テーマで講義を行い、インターネット広告の未来についてお話頂きました。

20151210 DAC 写真 1
※写真:永松 範之さん

今の10代~20代の若い人に効果的にアプローチできるのは「LINE」と言っていた永松さん。
近年では、多くの企業がLINEを使って様々な取り組みをしているそうです。

飲料メーカーのKIRINがLINEと連携をし、商品を買うと「自撮り」が楽しめる自販機を
全国主要都市に今月から展開しました。今後機能を追加していき、従来の自販機にはなかった
「“わくわく感”」を提案することで、消費者の満足度を上げていく試みです。

こうした取り組みは、今後も様々な企業同士が行っていきそうです。
また、今後は電車や駅、デパートなどにサイネージディスプレイ(電子広告)が普及し、
インターネットと繋がることで、様々なことに挑戦できるチャンスが広がったという
永松さんの話を、学生達はみな、真剣に聞いていました。

20151210 DAC 写真 1 (2)

様々な企業の取り組みや、新しい形の広告の登場。
HALの学生達もこれから自分達が目指すIT分野に
非常に大きな可能性を感じた講義となりました。

永松さん、ありがとうございました。

 

【関連するリンク】
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 公式HP
https://www.dac.co.jp/