【ミュージック】三校合同コンテスト 受賞者インタビュー!

こんにちは!
ミュージック学科1年生の木下です。
今回は、三校合同コンテストに受賞者された先輩方にインタビューしました。
三校合同コンテストとは・・・

HAL東京、HAL大阪、HAL名古屋ミュージック学科では、半年に一度「今まで学習した内容で競い合おう!」といった趣旨のコンテストが開催されます。

今回は、各人テーマを決めてオリジナルの楽曲を制作していく
「楽曲制作~DAWを使ったオリジナル楽曲~」というコンテストが開催されました。

角

金賞:角 早知子さん(4年生)

 

林

銅賞:林 武蔵さん(4年生)

 

-本日はよろしくお願いいたします。

林、角「よろしくお願いします。」

 

-三校合同コンテストの話の前に二人のクラスについてお聞きしたいと思います。

林「はい。ミュージック学科は三年生の時に作曲を専攻にするか、MA(映像に音をつけていく作業のこと)を専攻にするかでクラスが分かれます。僕たちは作曲の専攻をとり今回のコンテストに参加しました。」

 

-それではコンテストについての質問ですが今回のコンテストの内容について教えてください。

角「楽曲のコンテストなんですが、楽曲を作るまでに企画書を作成したり、デモ曲を数曲作りました。その中で納得のいく作品を楽曲として完成させていきました。プロの作曲家はクライアントから依頼を受けて、要望に合わせた楽曲を作ることが一般的です。依頼をする側は発注する際に企画書を作成することもあるので、その練習も兼ねているのかなと思います。」

林「その他にも、自分たちの一番得意なジャンルで勝負ができるので、4年間の集大成とも言えますね。」

 

-二人はどのような楽曲を作られたのでしょうか?

角「私は、とあるゲームの戦闘曲をイメージした楽曲です。『もしもこのゲームに日本の妖怪のようなモンスターがボスとしてでるなら、どんな曲がつくか?』というのをテーマにして、既存の楽曲を聴き込んだり和楽器をとりこんだりとコンセプト、テーマの強さを意識して作曲をしました。」

林「僕は音楽会社の依頼を想定して『もしもR&Bのアーティストがブラックコンテンポラリーや80年代の感じの曲を今やってほしい、という依頼がきたら』というのをテーマにしてデモ曲を作りました。そこで一番良かったものを内定先の企業の方に協力してもらい楽曲にしました。」

角「林くんはギターを使った曲だったり、少し昔の年代の楽曲作るの得意だもんね。」

林「そうそう。あ、最近はEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)も作ってるよ!」

 

-楽曲についてですが全てパソコンを使った楽曲制作だったのでしょうか?

角「そうですね。効果音などを除いて全てパソコンでの打ち込み(制作ソフトに音符をつけていくこと)で作っています。フルオーケストラも使っていますが、これも全て生の音ではないんですよ。」

林「僕の曲には歌が入ってるので、その部分とギターは実際に演奏しています。その他のドラムやベースなどは打ち込みですね。」

 

-ありがとうございます。林さんはギターが得意とのことですがいつから始めていたのでしょうか?

林「初めて触ったのは小学生のころですが、その時はすぐに飽きてしまい、本格的に弾き始めたのは高校生の時です。卒業後はベースをやったりもしました。DTMはHALに入ってから学びました。」

 

-角さんは何か楽器やっていたんですか?

角「ピアノを3歳ごろからやっていましたが、中学生のとき部活が忙しくなった頃に一度やめています。後は学校に入ってからのDTMになるので作曲の経験自体は四年目になります。」

 

-ありがとうございました。最後にHALのミュージック学科を検討している人に何かメッセージがあればお願いします。

角「HALはコンピューターミュージックや効果音を作りたい、レコーディングの技術を学びたい人にはとても合ったカリキュラムをしています。楽器の経験がなくても作曲や編集などについて基礎からしっかりと学ぶことが出来ます。必要なのは音楽が好き、という気持ちです。就職したい業界が好きで、音楽の仕事を続けていきたいという気持ちも大事だと思います。」

林「あとは好きな気持ちを言葉でも曲でもきちんと伝えられる人になれるようになれるともっといいですね。」

 

本日はありがとうございました。先輩からの話は私も大変勉強になりました。

また次回もインタビュー形式で更新していきますので、乞うご期待ください!

 

■過去のミュージック学部関連ブログ

https://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/music