【ロボット】HAL EVENT WEEK

こんにちは!
先端ロボット開発学科2年の斉藤です。

 

今回は先月に開催された「HAL EVENT WEEK」での先端ロボット開発学科の紹介をします。
「HAL EVENT WEEK」とは進級作品展になります。今まで勉強してきた成果を作品として表し、
3日間、展示・プレゼンテーションを行う学内イベントです。

 

まず、一日目は3年生の展示がありました。
3年生は就職作品として作ったものを出展しています。
流石は3年生という感じでとても落ち着きがあり、話を聞いているうちに
どんどん引き込まれてしまいました。
どの学生も楽しんでいる雰囲気がよく伝わってきて、見ている学生の興味の惹いていました。

 

①

どの作品も遜色なくとても素晴らしいものでした。
自分たちも先輩たちみたいな作品が作れたら…と目標になります。

 

2日目は1年生の展示です。
1年生は「NXT」と呼ばれるレゴブロックで作るロボットの展示です。
HALでは親しみのあるレゴブロックを用いてロボット作りの楽しさを学べます。
1年生達は、最初は緊張気味のようでしたが、だんだんと慣れてきたのか
終始笑顔がたえませんでした。

 

②

初めての大舞台で一生懸命に説明をしている1年生の姿を見ていると、
昨年の自分たちもこんな感じだったのかなと懐かしくなりました。
今の気持ちを大切にしてこれからも頑張っていってほしいですね。

 

3日目は私たち2年生の展示です。
2年生は必ずモーターを一個以上使ったロボットを作るというお題があり、
クラスを5チームに分け企画・制作行いました。
それぞれが各チームの個性を強く持っている作品が仕上がりました。

 

③

ひとたびプレゼンを始めるとその顔は真剣そのものになり、
自分たちの作品を紹介していました。
見に来てくれた他の学科の生徒はみんな「すごい!」などと驚きの声をあげていて
今までの苦労が報われるようでした。

 

ロボット学科は、学年は違えど1年生から3年生まで皆仲が良く、
お互いの作品にアドバイスをしたり手伝ったりしてHEWの本番まで頑張ってきました。
この一年の集大成として自分たちの持てる力を十分に発揮できたと思います。

 

また来年さらに良い作品が作れるよう頑張っていきます!

 

▼過去のロボット学部関連のブログはこちら!▼
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/robot