【CG】HAL EVENT WEEK

こんにちは!CG学科2年の奥山です。

さぁ!やって参りました!「HEW(ヒュー)」!!

学内最大のイベント「HAL EVENT WEEK」通称「HEW」が先月開催されました。

「HAL EVENT WEEK」とは、1年間学んできたことを活かし作品を制作し、
三日間に渡り発表する進級制作展です。

つまり…学年最後のお祭りです!!

そして、今回はCG学科の様子をお伝えしていきたいと思います!

 

1日目:

作品は就職活動を控えた学生達の就職作品を視野に入れたもので、クオリティーが高く、
後輩学生が興味津々で先輩方のプレゼンテーションを聞いていました。

 

①’

 

2日目:

1年生は化粧品ポスターと化粧品モデリングの2作品を制作していました。

周りにいる学生がライバルということもあって、展示準備にも熱がこもります!

 

④

先輩方や先生にプレゼンテーションを聞いて頂き、意見や感想をいただいて、
自分では気づかないところに気づけるとてもいい機会になりました。

 

3日目:

最後に2年生の動画制作発表を紹介したいと思います!

これらの2年生の作品はCG学科とミュージック学科と合同で制作されました!

 

⑤

※約500人収容出来るホールにて上映会を行いました。写真は上映前の様子です。

⑥

映像だけではなく、パンフレットやポスター、映画チケットまでも制作され、
本物の映画館に来ているような雰囲気でした!

 

これまでの勉強の成果を発表し、それを評価し合う、とても学びの多い3日間でした。

私も先輩たちに負けないように来年も一生懸命頑張ります!

 

▼過去のCG学部関連ブログはこちら!▼

https://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/cg

【イベント】学内企業説明会 キヤノン

HAL東京の学生に向けて、就職活動を強力にバックアップするイベントの
「学内企業説明会」。
年間500社以上の人気企業が来校し、学生のために説明会や選考を実施するという
HAL独自の就職サポートシステムのひとつです。

今回は『キヤノン株式会社』

デジタルカメラの市場において、長年に渡り世界シェアNO.1を誇る世界的な大企業です。

 

16_キャノン写真素材2_2003

 

ソフトウエアや情報システムの開発・設計をする職種が募集され、
ロボット学部を中心に多くの学生が参加。

 

16_キャノン写真素材1_2003

 

プリンタの製造も手がけるキヤノンならではのイメージング技術が詰まった素晴らしい
パンフレットが配布され、その技術力の高さは目を見張るものがありました。
説明会後には一次選考が実施され、学校が会場で仲間も一緒ということもあり、
多くの学生がリラックスした雰囲気で臨んでいました。

 

【キヤノン株式会社 公式HP】
http://canon.jp/

【ロボット】HAL EVENT WEEK

こんにちは!
先端ロボット開発学科2年の斉藤です。

 

今回は先月に開催された「HAL EVENT WEEK」での先端ロボット開発学科の紹介をします。
「HAL EVENT WEEK」とは進級作品展になります。今まで勉強してきた成果を作品として表し、
3日間、展示・プレゼンテーションを行う学内イベントです。

 

まず、一日目は3年生の展示がありました。
3年生は就職作品として作ったものを出展しています。
流石は3年生という感じでとても落ち着きがあり、話を聞いているうちに
どんどん引き込まれてしまいました。
どの学生も楽しんでいる雰囲気がよく伝わってきて、見ている学生の興味の惹いていました。

 

①

どの作品も遜色なくとても素晴らしいものでした。
自分たちも先輩たちみたいな作品が作れたら…と目標になります。

 

2日目は1年生の展示です。
1年生は「NXT」と呼ばれるレゴブロックで作るロボットの展示です。
HALでは親しみのあるレゴブロックを用いてロボット作りの楽しさを学べます。
1年生達は、最初は緊張気味のようでしたが、だんだんと慣れてきたのか
終始笑顔がたえませんでした。

 

②

初めての大舞台で一生懸命に説明をしている1年生の姿を見ていると、
昨年の自分たちもこんな感じだったのかなと懐かしくなりました。
今の気持ちを大切にしてこれからも頑張っていってほしいですね。

 

3日目は私たち2年生の展示です。
2年生は必ずモーターを一個以上使ったロボットを作るというお題があり、
クラスを5チームに分け企画・制作行いました。
それぞれが各チームの個性を強く持っている作品が仕上がりました。

 

③

ひとたびプレゼンを始めるとその顔は真剣そのものになり、
自分たちの作品を紹介していました。
見に来てくれた他の学科の生徒はみんな「すごい!」などと驚きの声をあげていて
今までの苦労が報われるようでした。

 

ロボット学科は、学年は違えど1年生から3年生まで皆仲が良く、
お互いの作品にアドバイスをしたり手伝ったりしてHEWの本番まで頑張ってきました。
この一年の集大成として自分たちの持てる力を十分に発揮できたと思います。

 

また来年さらに良い作品が作れるよう頑張っていきます!

 

▼過去のロボット学部関連のブログはこちら!▼
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/category/robot

【ミュージック】ヤマハミュージックジャパン スペシャルゼミ実施

今回、スペシャルゼミで講義をしてくださったのは、株式会社ヤマハミュージックジャパンで
プロオーディオ機器のマーケティングを担当されている石橋健児氏です。

 

①

 

石橋さんはHAL の卒業生。2005年にHALを卒業後、株式会社ヤマハミュージックジャパンに入社。
今回は「プロオーディオ市場」について学生に講義をしてもらいました。

 

②

 

「音楽業界には教えることが大好きな人がいる。スポンジのように色々なことを吸収する柔軟な考え方で
この業界に来てください」と、学生達にエールを送っていました。

HALの卒業生で、実際の現場で活躍している先輩のメッセージは大きな学びとなりました。

 

株式会社ヤマハミュージックジャパン HP
http://www.yamahamusicjapan.co.jp/

【CG・映像・アニメ】NHKエンタープライズ スペシャルゼミ

株式会社NHKエンタープライズ 事業本部 デジタル事業 エグゼクティブ・プロデューサーの
川上秀人氏にお越し頂き、CG学部の学生を対象に、スペシャルゼミを開催しました。

 

①

 

数々の番組の制作やテレビアニメ制作・インターネットコンテンツの制作を行う同社で、
現在も第一線でご活躍される川上氏。

 

「作者によって表現方法が異なり、その人の世界観が見えるのが映像のおもしろいところ」と
デジタルコンテンツの歴史を振り返りながら、1990年代・2000年代の様々な映像作品を学生に
見せながらポイントとなる部分や、考え方を語ってくださいました。

 

②

 

クリエイターになるためには、まず「創ること・人に見られること」。
好きなことをやり切り、人に見てもらえる機会を逃さないことが大切だと
熱いメッセージを頂きました。

 

授業の最後には、放送とインターネット通信が連携した新しいテレビサービス
「ハイブリットキャスト」について川上氏にお話しして頂き、多くの学生が
授業時間ぎりぎりまで質問をする様子が見られました。

 

学生達にとって、将来の可能性に大きな希望を持つ、良いきっかけになったことと思います。

 

株式会社NHKエンタープライズ HP
https://www.nhk-ep.co.jp/