【ミュージック学部】NHK(日本放送協会) スペシャルゼミ開催

日本放送協会(NHK) 音響デザイン部 部長  加藤 直正氏にお越し頂き、ミュージック学部の学生に向けて特別講義を実施しました。

加藤氏はNHKの朝ドラ「あまちゃん」や大河ドラマ「義経」などの音響制作を担当。

演出家や作曲家、音声部や制作部など様々な人たちと関わり合いながら、一つの音を創り上げています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の講義テーマは「音響デザイナーの思考と実践」

まずは音響デザイナーとは何かを学生達にお話し頂きました。

「音響デザイナーとは、コンテンツのメッセージを的確に伝え、すべての音の可能性を引き出しコントロールしていくことが大切。自分が好きな曲を選曲したり作ってもらうのではなく、コンテンツのための音や音楽を考え、作っていくのが仕事です。」

現場の最前線で活躍してきた加藤氏の講義に、学生達もみな真剣な表情で講義に取り組んでいました。

 

次に音響デザイナーの発想を体感!

まずは「貝殻トレーニング」。表面に凹凸のある貝と貝をこするとみなさんも聞いたことのある音がでます。さて何の音でしょう!?学生達が実際に貝を持ち、音を鳴らしながら全員で考えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

答えは・・・

 

カエルの鳴き声!!誰が思いついたのか、先人たちの発想力には頭が下がります。

 

次は静止画トレーニング。目黒川の満開の桜の静止画を見てどんな音が思いつくか学生達に考えてもらいました。

「川の流れる音」

「風の音」

「花見をしているにぎやかな音」

 

学生達からは色々な答えがでてきました。

中には「花見で飲みすぎた人がいたため救急車の音が聞こえます。」と答えた学生も 笑

「みなさんの日常にも様々な物や風景があります。そこでどんな音がするのか考えたり実際に音をだしてみたり毎日意識して音の記憶の貯金箱を貯めていってください。」

日々の生活の中でも色々な音響制作のトレーニングができることを教えて頂きました。

 

講義の後半では、「音響デザイン的ワークショップ」を実施!

音楽の入ってない短い課題VTRを観て、そのシーンに合った音楽は何かを考えていきます。まずは「そのシーンで何を伝えたいか」を考えたあと、4種類の音楽を流し、どの曲が一番合うかグループディスカッション!どのグループも色々な意見がでてきて、白熱したディスカッションが行われていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

グループディスカッションのあとは各グループの発表!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グループで話し合った内容を全体に発表していきました。なんと6グループ中5グループが同じ曲を選択!発表後は実際のシーンに曲を合わせて全員で聞いてみました。

今回のワークショップで、「最初に選曲に手をつけてはダメ。そのシーンでは何を伝えたいのか、どんなことを感じて欲しいのかを考えてから選曲すること」を学生達は学びました。

 

講義の最後には学生達からの質疑応答。1人1人丁寧に答えて頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「音響デザインは心のデザイン。人の気持ちを音にする仕事でもあるし、デザイナーの心もいくら隠してもそのまま出ちゃいます。映像の奥にある見えないものを音で表現できるようになるのが最大の目標。いつも周りの音に耳を傾け、時には実際の現場に出向き、見えているものの「奥」を想像し、感じ取りながら音の勉強をしていって欲しい。」

加藤氏の講義に学生達も大変刺激をもらい勉強になったことでしょう。

 

日本放送協会 HP

http://www.nhk.or.jp/

【CG学部】 東京消防庁との官学連携 スタート!!

日々、都民の安全を守っている東京消防庁。今回はその東京消防庁から

「災害時の家具の転倒・落下・移動防止対策ポスター」の制作依頼を受け、これから

プロジェクトを進めていくCG学部の学生に向けキックオフが行われました。

 

採用されたポスターは東京都内に貼られるビッグプロジェクト!

日々の授業で学んできたことを形として世の中に発信する絶好の機会です!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは東京消防庁の担当者から仕事内容の説明。

 

「火災」・「救急」・「災害」など、主に人命救助を行うのが消防庁の仕事。ポスターを制作していくにあたり、東京消防庁のみなさんがどんな仕事をしているのか理解するのもとても大切です。普段の授業では聞けない、貴重な講義に学生達もみな、真剣な表情で担当者の方の話に耳を傾けていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のポスターのテーマは『家具転』。

名前の通り、災害が起きた時、家具が転倒しないために「どんな対策をすればいいのか」・

「どんな点に注意すればいいのか」といったポイントを1枚のポスターで表現していく今回の課題。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実際の災害が起きた時の映像を見せて頂きながら、家具が倒れないためのヒントやポイントを学生達に教えてくれていました。教えて頂いたものを参考に、学生がどのようにポスターにしていくのか。今後もこのプロジェクトを追いかけていきたいと思います。

 

東京消防庁 HP

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/

 

ダイハツによるスペゼミ開催!

ダイハツ工業株式会社で、海外本部のデザイン担当理事を務める石崎弘文氏をお招きして、
カーデザイン学部の学生を対象にスペシャルゼミを開催しました。
今回のテーマは「日本が生んだ軽自動車の進化」。ダイハツが持つ軽自動車No.1メーカーの技術を世界に広げていくなかで、デザインが果たす役割について学びました。

1

軽自動車という限られたサイズのなかで、他のメーカーにはない魅力ある車を創り出すことに面白さがあり、その魅力を出すためにはカーデザイナーが想いをデザインに込めることが大切であると学生たちに伝えていました。どこかの誰かのデザインをマネしたものではなく、自分の意志を込めたデザインが人の心に残るとの言葉が学生たちに響いていた印象でした。
また、デザインを決定する際には市場調査というデータ重視が業界で主流であるなか、経験、予感、推理などのデータで表せないデザイナーとしての感覚を優先する、という石崎流デザイン決定論を披露されていました。

2

最後には実際にダイハツで活躍するカーデザイナーのスケッチを見ながら、デザインするにあたって見落としがちである重要なポイントをご教示いただきました。日本だけではなく、アジアを中心とした世界の国々で愛されているダイハツのモノづくりの考えに触れ、カーデザインの魅力をまたひとつ学んだ日でした。

◆ダイハツ工業株式会社 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/

【イベント】留学生イベント「留学生クリエイターズカンファレンス」開催!

HAL東京の留学生在校生の交流会を目的とした留学生イベント「留学生クリエイターズカンファレンス」を開催し、色々な学年・学科・国の留学生が集まり、多くの留学生が参加しました。
 

今回のイベントでは「留学生はどうやって日本で就職するの?」というテーマでHAL東京の就職活動イベントが全国で放送されたVTRを皆で見て、「就職活動」について勉強しました。
 
VTRに出演した留学生の先輩も登壇して、
「入学した時はどんなことが不安・心配だったか」
「就職活動では何が大事なのか」
「どのように技術を高めたか」・・・など
在校生が気になることを色々と話してくれました。後輩たちは身近な先輩からのメッセージで真剣に耳を傾けていました。

 

①

▲新入生にとっては、早い段階で就職に対する意識を持つことが出来ました。

 

その後は、チームに分かれて「伝言ゲーム」をやりました!
お題は様々・・・
「かえるぴょこぴょこ3(み)ぴょこぴょこ あわせてぴょこぴょこ6(む)ぴょこぴょこ」
「右耳にミニニキビ」
「まあるいみどりの山手線、真ん中通るは中央線」…など
最後の人まで伝えられるよう、和気藹々と終始盛り上がっていました。

 

②

▲お題を伝えている様子です。この場で覚えなければいけないので、集中して聞いています。

③

▲日本語で伝えてるのですが…若干ルールを反して、飛び越えて伝えたり・聞いてます(^^)

 

イベント終了後には先輩へ質問に行く学生がいたり、グループで連絡先を交換しあったりとゲームが終わってからも盛り上がりの熱は冷めませんでした。
HAL東京では、このような留学生イベントを定期的に開催しており、留学生同士のコミュニティを築いているのも特徴です。
 

また次回開催でもブログをアップしますので、ご期待ください!

 

④

【イベント】「HAL EVENT WEEK」が開催されました!

こんにちは!ゲーム制作学科2年の林です!

 

先月、「HAL EVENT WEEKが開催されました!

通称「HEW(ヒュー)」と呼んでおり、3日間に分かれて1~3年生の各学年が一年間学んできたことを活かして作品制作し、展示・発表するイベントになります!

また、期間中は学生間で投票が行われ、各賞が決まり、最終日には表彰式があります!そのため、学生達は気合を入れて呼び込み・発表をして、大いに盛り上がりました!その様子を色々と皆さんにお伝えします!

 

【1日目:2年生展示】

⑭

▲バランスWiiボードを使ったロボットのゲームです!主人公のロボットの特徴的な頭がブースで再現されています!

②

▲こちらのゲームはホラーゲームですが、なんと!少しでも怖くするために個室を作ってしまいました!

③

▲ゲームだけではなくパッケージや取扱説明書も作ります、宣伝のために名刺を作るチームもありました!

④

▲こちらは先端ロボット開発学科の作品です。レゴブロックとモーターを駆使して作られています!

⑤

▲こちらはCG学科の展示品です、GC学科は「車」というテーマに沿ったショートムービーを上映するのですが、こちらもパンフレットやDVDケース、入場チケットも作っていました!

⑥

▲ポスターにも気合いを入れて作ったことが感じられます。

 

【2日目:1年生展示】

⑦

▲こちらはゲーム制作学科です!みんな元気いっぱいでした!

⑧

▲1年生のゲームもとても面白かったです!

⑨

▲CG学科とゲームデザイン学科はポスターと化粧品のケースをCGで作成していました!

⑩

▲たくさんの人が見に来て、会場は大変賑わっていました。

⑪

▲一人一人個性溢れる作品ばかりです。

 

【3日目:3年生展示】

⑫

▲ゲーム制作学科の発表は皆スーツで展示、発表していました。プレゼンの自分の売り込み方など、就活生の雰囲気を感じられました!

⑬

▲ゲームのクオリティもどれも高く、とても勉強になります!

 

3日間にわたったHEWの発表を通じ、自分の作品を発表して評価してもらえる、とても良い機会になりました。

この経験を活かして、これからも頑張っていきます!