【ゲーム】『第2回GCC(Game Creators Conference)』が開催されました!

みなさんこんにちは、ゲーム制作学科2年の佐藤です。

先月28日に2018度2回目となるGCCが開催されました!

 

今回のテーマは・・・

・『ωを揺らして内定ゲット!?』

・『アクティブに!アクティブアクティブ』

・『幸福のHALに来た皆様へ』

・『宣伝になってたらm(__)m』

・『1年生からの履歴書攻略』

の5つとなっており、とてもボリュームのあるイベントとなりました!

 

◆李さん:「ωを揺らして内定ゲット!?」

はじめに登壇された方は李さん。SEGA GAMESへの就職が決定している方です!

主にインターンに対する考えや、実際の業務について話してくださいました。

李さんのインターン先での業務は、女性のキャラクターをLIVE2Dを使用して動かしたり、社員さんとのお食事に行ったりと、楽しいものばかりだとおっしゃっていました。

インターンは現場で実力をアピールできるだけでなく、人柄や性格を知ってもらう最高の機会なので、恐れずに参加していってほしいと話していました!

 

◆志村さん:「アクティブに!アクティブアクティブ」

2番目に登壇された方は志村さん。h.a.n.d.への就職が決定している方です!

主にインターンでの業務と、HAL東京にいる間にしたことについて話してくださいました。

志村さんは自分のことを“プログラムができない人間”だと言っており、それならインターン先で何をするかを考え、「コミュニケーション、朝早くに出社、堂々とする」の3つ徹底したそうです。

HALにいる間は、クラスの委員長を率先して引き受けたり、キャンプなどの企画を自主的に考えたりなど、とにかくアクティブに動き、就職活動時に使える武器は知識だけじゃないということを教えてくださいました!

 

◆仁科さん:「幸福のHALに来た皆様へ」

3番目に登壇された方は仁科さん。LEVEL5への就職が決定している方です!

今しかできないことや、趣味について、友人について紹介してくださいました。

今しかできないことというのは、例えば「夏季休暇時に何をしていましたか?」といった質問に対して、相手の興味を惹くような事をしてほしいとおっしゃっていました。

次に話してくれたのは趣味についてでした。仁科さんは「周囲の人間がやっていないことを趣味にしよう」と言っていました。その理由は周囲と違った趣味を持っていれば持っているほど、相手から興味を持たれることは自然で、もしかすると共通の趣味を通じて面接相手との話が盛り上がる可能性が上がるからだと話していました。

そして仁科さんが話している間に、入学からずっと一緒に過ごしたという友人が人形を作っていて、最後にプレゼントというサプライズもあり、会場が盛り上がっていました!

 

◆田中さん:「宣伝になってたらm(__)m」

4人目の登壇者は田中さん。コロプラへの就職が決定している方です!

過去に自分がやってきたことや、就職活動時に評価されたこと、逆に評価されなかったことなどを話していただきました。

田中さんは普段から企業が主催している勉強会に参加していたり、面接をする会社の情報を集めてたりしていたそうで、コロプラ様に就職を決めたのも勉強会がきっかけだったそうです。

また、企業から評価された点として「技術力とともに成長力をアピールできるポートフォリオの作り方、自分の強みがはっきりしている、思考力」の3つを挙げていました!

 

◆何さん:「1年生からの履歴書攻略」

最後の登壇者は何さん。INTELLIGENT SYSTEMSに就職を決めている方です。

主に、履歴書をどのようにして埋めていくか、またその大切さを話していただきました。

何さんはHAL東京から応募できる資格だけでも、基本情報技術者、J検4つ、CG検定5つの計11個もの資格を持っているそうです。また、賞も8つ頂いていたり、受けた専科の数が12科目だったりと、とにかく履歴書に空きを作らないようにしたと言っていました。

 

◆イベント終了後の様子

GCCは就職先を決めた先輩たちの体験談が聞ける、とても貴重な機会です。

次回のGCCもとても楽しみですね!

 

【CG】『COCOON NIGHT vol.3』が開催されました!

こんにちは!IT学科1年生の清水です。

今回は少し前のイベントにはなりますが、是非皆さんに知ってもらいたいイベントなのでブログにてお知らせしたいと思います。8月28日にCOCOON NIGHT(以下「コクーンナイト」と称する)というイベントが開催されました!

 

コクーンナイトは夏休み前に不定期で開催されるというCG学科主催のDJイベントで、今回はCG学科はもちろんのこと、ミュージック学科や卒業生、さらには先生からも有志のDJが参加し、様々なジャンルの音楽で観客を楽しませてくれました!

来年も是非参加したい、といった参加者の声もありました。

次回はどのようなイベントになるのか、今からとても楽しみです!

【ゲーム】学内ゲーム発表会”TRIPLE CROSS”が開催されました!

皆さん こんにちは!

ゲーム制作学科2年生の谷沢です。

 

1年間の折り返しとなるこの時期、ゲーム学科では今年も”TRIPLE CROSS”が開催されました!

“TRIPLE CROSS”とは、ゲーム学科4年制コースの2年生と3年生、そして2年制コースの2年生という3つの学年による、DirectXを用いた創作ゲームの発表会です。学生からは通称「とりくろ」と呼ばれています。

 

今回は3日かけて行われた4年制コース2年生による発表会を覗いてきましたので、その様子をお届けします!

2年生の作品テーマは「2Dシューティング」でした。実は私も対象の学生なのでシューティングゲームを作ったのですが、思わず「その発想は思いつかなかった~!」と言ってしまう作品ばかりでした。

クリエイターにとって、ユーザーからの意見は貴重なものです。多くの発表者がメモとペンをもって、遊んでくれた人の意見を書き留めていました。発表会には先輩や後輩、中には授業担当ではない先生など、多くの人が足を運んでいました。こういった場で作品を発表することで、次の制作に繋がる新たな発見や発想のヒントが得られるのです!

私が今回注目した作品はこちら! ランダムなパターンで出現しプレイヤーに迫ってくる敵をかわしつつ、矢印キーで弾を発射して倒していくゲームです。倒した敵はその場で弾けて、周りにいる敵を巻き込んで連鎖します。とても分かりやすい簡単な操作感と大量連鎖が成功した時の爽快感がとてもクセになります! また敵の出現場所を予告してくれるので、敵が多くても何とかなる絶妙な難易度でした。

こんな作品もありました! 横スクロールのアクションゲームなのですが、出現する敵キャラクターが3DCGソフトのBlenderを用いて制作されていました。ゲーム学科4年制コースは授業で3DCGに少し触れるのですが、その成果を生かした作品でした!

 

身近な友人から普段あまり話さないような人まで、様々な人が作った作品に触れる機会を得たことで、学生各々にとって何か得るものがあった事と思います。特に4年制コース2年生は来年の日本ゲーム大賞に臨む学年です! 今回の経験を活かして、私も今後のゲーム制作に励んでいこうと思います!

 

【CG】映像学科作品 上映会

皆さんこんにちは!CG学部1年の三山です。今回は前期日程最終日にCG学部主催で行われた映像学科作品上映会についての記事です。

 

19:00からスタートしたこの上映会では、映像学科の3年生による作品が全部で6本上映されました。どの作品も違ったテーマやテイストでおもしろく、監督や製作スタッフのこだわりが詰まっていました。

上映会終了後には監督や制作に関わった先輩方、先生と交流できる時間が設けられました。

 

上映会終了後には監督や制作に関わった先輩方、先生と交流できる時間が設けられました。

 

『MOUSE』監督さんへのインタビュー

Q:『制作を通して楽しかったことや難しかったことは?』

A:『HEWの時は一部の上手な人が仕切って制作したが、今回は少人数での制作だったので、みんなで進められたのが楽しかった。製作途中でモチベーションを保つのが難しかった。』

Q:『今後挑戦してみたいことは?』

A:『セリフや文字を使わない作品を作ってみたい。』

中川先生へのインタビュー

Q:『上映会を観ての感想は?』

A:『3か月という短い期間で初めて組むメンバーとの制作はとても大変だったと思うが、今回の制作を通して経験値が高まり、また、それぞれやるべき課題が定まったとおもう。インターンシップの前のいい練習になったと思う』

今回の上映会では先輩方の作品をたくさん観ることができてとても勉強になりました。1年生にとってはこれからに生かせる話を聞けていい経験になったのではないでしょうか。

【ゲーム】『TGS(Tokyo Game Survival)2018』が開催されました!

こんにちは、ゲーム制作学科2年の佐藤です。

7月下旬にハッカソンイベントの1つ、TGSが開催されました!

 

ハッカソンとはハック(hack)とマラソン(marathon)を合わせた混合語のことで、開始直前に発表されるテーマにそったゲームを一日かけて完成させ、参加者全員で遊び、評価し合うといったものです。

 

事前には知らされていなかったV.I.Pチームの参加もあり、会場は大盛り上がりでした!

緊張が高まる中、待ちに待ったテーマが発表されました。

今回のテーマはなんとランダム!

22個のテーマの中から各1チームに1つずつ割り振られるといった、一風変わったハッカソンとなりました。

 

チーム制作に不慣れな1年生も混じる中、制作が開始されました!

▼制作途中の会場の様子

約10時間の戦いを終え、参加者全員での試遊時間がありました!

▼各チームの試遊時間の様子

 

そしていよいよ結果発表・・・

優勝したチームは、竹を伸び切る前に伐採し、スコアを競うといったゲームでした。

キャラクターが出せる必殺技がとても魅力的かつ快感で、もう一度プレイしたくなるような楽しさを感じさせてくれました!

▲審査員特別賞受賞チーム

▲銅賞受賞チーム

▲銀賞受賞チーム

▲金賞受賞チーム

 

普段とは違った、1日でゲームの完成を目指すというのはとても刺激的な体験になったことでしょう。

次回の開催も乞うご期待下さい!