コクーンタワーで学ぶキャンパスライフ

HAL東京入学相談室です。

2021年10月15日はコクーンタワー竣工13周年を迎えました。

なぜキャンパスが新宿駅前にあるのでしょうか。
私たちの学校には「環境が人を育てる」ということばがあります。

△ 映画、アート、広告、デザインなど感性を磨く機会にあふれた環境
△ 秋葉原、池袋、渋谷、原宿などへ電車一本でアクセス可
△ 映画館、美術館、ゲームセンターなどあらゆるコンテンツが集う街
△ 企業が集まるビジネスの中心地だから就職活動でも有利
△ 在学中に学生が企業のプロジェクトを手掛ける産学連携を数多く実施
△ 新宿徒歩3分。駅から地下道が直結し通いやすい校舎 雨でも降れずに通学
△ Wスクールや仕事をしながらでも学びやすい世界最大級のターミナル駅直結
△ 日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」も近く遠方からの通学も可能
△ 認可校だから通学定期も様々な学割も利用できます(昼間部)

コクーンタワーの設計・建築に関わった企業のHPにてデザインへのこだわりや
建築の苦労話を読むことができます。ぜひご覧ください。

丹下都市建築設計事務所 「見たことない建物を、というオーダーへの回答」

清水建設 「先端技術で紡ぐ巨大まゆ」

(↑上記リンクは2021年10月現在)

また、入学相談会(来校型)では校舎見学も行っています。
希望の学科・コースに合わせてコクーンタワー内部を案内できます!

好きなことを仕事にする学校2

HAL東京入学相談室です。

1学期にお伝えしていたカーデザイン学科のトイカーの実習がいよいよ完成間近となりました。企画、デザイン、木材加工から製品・組立まで一人で手掛ける実習です。

デザイン画を描きハイライトレンダリングで形にして、1つの木材から加工してだんだんトイカーになってきました。今はやすりがけを丁寧にしているところです。
やすりの目を細かい目に変更していくとなめらかな手触り
となります。子供が触るおもちゃだからこそ、木のとげでけがをしないように配慮するとともに木目の美しさや木のぬくもりが感じられる製品になっていきました。

仕上げ中
もう少しで完成

好きなことを仕事にする学校

HAL東京入学相談室です。

今回は体験入学についてお伝えします。
体験入学は毎月学校で行っているイベントでHAL東京の授業を気軽に見学することができます。実際に使用している教室で実際のHALの先生から学ぶことで進学後のイメージを持つことができます。
また先輩が実習の手伝いに来ていることもあり、学校の話を先輩に直接聞くこともできます。

体験実習中の先生
カーデザイン学科の先生

こちらは9月に実施されたカーデザイン学科の体験入学の様子です。
この日は「立体造形デザイン」の授業でした。
カーデザイン学科では工業用の粘土を使って車のデザインを作る実習があります。
カーデザイン学科に来る方は車が好きな方が多いためか、実習しながら好きな車の話を先生としていました。
好きなことを仕事にする学校ですから、集まる学生たちも、また先生も同じ分野に興味関心がある人が集まる傾向があるようです。