就職した卒業生が説明する企業説明会

HAL東京入学相談室です。
12月から学生の就職活動が始まりました。HAL東京でもさっそく「学内企業説明会」が行われました。「学内企業説明会」とは様々な企業がHALの学生のためだけに説明会を開催し企業のことを深く知ることができる機会です。
ほとんどの会社は夜の時間に説明会を開いてくれて、学生は授業を休むことなく様々な企業へ応募することができます。最近はオンラインで開催する企業も多く、学生は自宅や学校から参加します。

この日は“大手WEBサービス企業”の説明会が行われました。企業の方は会社からオンラインで企業の概要や仕事の内容・福利厚生などが説明されます。様々なサービスを行っている現場のエンジニアの方にも登場してもらい、求める人材像や仕事のやりがいなどを知ることができました。最後に学生からの質疑応答の時間もあり約90分間、学生たちも真剣に聞いていました。また、実際の現場で活躍しているHALの卒業生も登場し、参加している学生も大盛り上がりです。
先輩からは
・HALでの授業が現場でどのように活かされているか
・就職先で活躍するためにHALの授業で頑張るべきポイント
など、卒業生ならではの視点で話をしてもらいました。
普段の授業で学んでいる技術が社会でどのように活かされているのかを知る機会にもなりました。

教室からオンラインで参加する学生

どこでもゲームができる装置

HAL東京入学相談室です。

休み時間にカメラを持って校舎を巡回すると休憩中の学生たちに出会いました。
コクーンタワーは50階建の校舎ですが、3階ごとに学生サロンという
吹き抜けがあり、休み時間にゆっくり過ごせるように設計されています。

キャンパスで大事なのは、学生同士の交流が自然に生まれること。
みなさん課題に取り組んだり、ごはんを食べたり、ゲームをしたりして過ごしていました。

非常用バッテリーにゲーム機とディスプレイをつなげてスマブラをする学生に遭遇。これならどこでもゲームができますね。
夕日を見ながらカードゲームをする学生に遭遇。
学生サロンで自習する学生
夜景を見ながら履歴書を書く学生
学生サロンでランチする学生(都庁側)
学生サロンで雑談する学生(駅側)

就職活動の軸

HAL東京入学相談室です。

就職学年を迎えた学生たちはいよいよ12月から就職活動が始まりました。

コクーンタワーの図書館では就職応援フェアと題して、就職活動に役立つ書籍を集めて展示・貸出をしています。
目指す業界の規模や将来性を調べるための「白書」や自己分析や話し方の「ビジネス書・実用書」など様々な書籍を紹介しています。

HALではこれから学内企業説明会といってHAL東京の学校の中で企業が説明会を行います。学生は学校に通いながら、様々な企業を知ることができます。学生たちはこれまで培ってきた技術力を武器に、プロになるための就職活動に臨みます。
一度原点に立ち返り、「なぜ自分がこの業界を志したか」「これから何がしたいのか」を考えるきっかけになるような本も用意しました。就職活動における“自身”の軸を持って臨めるよう図書を通じて応援していきます。

図書館の展示風景

放課後居残り学生を直撃

HAL東京入学相談室です。
先日放課後学内を歩いていると、学生4名が
教室で話し合いをしていたので突撃取材してみました。

面接の練習学生

就職に向けての面接の練習をしていたようで、学生同士で
遅くまで“面接でどのように振る舞うか”を練習していました。

途中から就職指導室の先生も加わり、より効果的に企業の方へ
自分をアピールする方法をレクチャーしていました。
就職の授業で学んだことをすぐに実践で練習をする学生たちに
感心しました!

面接の練習学生2

夏期休暇中でも学内で
「資格の勉強会」
「デッサンの勉強会」
「チーム制作」などを実施している学生に出会いました。
技術の勉強は時間をかけるだけ自身の技術力となります。
後期も変わらず技術の勉強に身を置く学生たちの頑張りを紹介していきます。

休暇中自習に来る学生1
休暇中自習に来る学生2

集中している雰囲気が好き

HAL東京入学相談室です。
今回はCG学科の学生に、HALでの生活について記事を書いてもらいました。

学生広報スタッフ
CG学部CG・デザイン・アニメ4年制学科1年生
Kさん 女性・兵庫出身 

・入学に至った経緯
私は関西の4年制大学を卒業し、HAL東京に入学しました。元々、絵を描くのは好きでしたが、大学3年生ぐらいから真剣にCGを学びたいという思いが強くなり、アニメーション会社で働きたいと思うようになりました。絵を学ぶ選択肢としてはいろいろあると思いますが、CGにも興味があったので、HALを選びました。

・HALでの学び
入学して3か月が経ちましたが、授業では毎日初めて知ることばかりで、授業についていくのに大変な科目もあります。どの科目もとても新鮮で面白いです。特に、GD(graphic design)授業で使うPhotoshopは、写真の中に本来ないものをリアルに自分で編集できるので、広告などの実用的な面以外にも、自分のアイデアや世界観を表現できるツールの一つだと思います。

・入学して成長したと思うこと
以前から絵を描くことは好きでしたが、学ぶという感覚で絵を描いたことがありませんでした。デッサンの授業では、絵を描くときはきれいな線を描くことや比率を意識するということを知り、以降意識して描くようにしています。

・上京や一人暮らしについて
私は今年から初めての関東で一人暮らしなのですが、私の場合はHALで学ぶという点で良いことがいくつかあります。一つ目は、30分で学校へ行けるということです。通学時間が短いことは、私の場合、勉強のモチベーションにもつながるので、とても重要だと考えています。二つ目は、身の回りの整理整頓を意識しなければならない事です。一人暮らしですから、頻繁に片付けをするようになりました。これは、掃除以外にも、今日習った授業の内容や、今後の予定の整理という意味でもマメにするようになったと思います。三つ目は、HALの図書館が使えることです。HALの図書館には検定書やアニメの絵コンテ集など、市立図書館では借りられない本がたくさんあるので、学生にとって作品制作や授業の応用にとてもプラスになると思っています。

・学校でのエピソード
デッサンの授業中はみんな集中しているのですが、絵を描いていることに集中している雰囲気がとても真剣で私は好きです。

・今後の目標
まずはCG検定に合格することです。あとは、それぞれの授業をしっかり理解すること。特に、絵を描くことに関しては、デッサンやクロッキーをもっと描いて、立体感覚や比率の精度を上げなければと思っています。