学生広報スタッフより

「昨年1年間を振り返って」というテーマで学生に記事を書いてもらいました。

学生広報スタッフ
☆ 1人目 ☆
ゲーム制作学科 1年生 Tさん 男性

入学に至った経緯
・ゲームをつくりそのゲームをユーザーにプレイして楽しんでもらう仕事に興味があり入学しました。

HaLでの学び
・グループワークでアイデアを出し合いゲームを作れたこと。

入学して成長したと思うこと
・Unityを使って簡単な横スクロールゲームを作れるようになった。
・グループワークなどでコミュニケーション能力が成長した。
・ゲームをただプレイするだけではなく、分析する癖がついた。

学校でのエピソード
・周りの友人はゲームの知識が豊富だったり、考えたゲームをすぐにプログラミングできる友人もいて毎日刺激をもらえる。また制作で困ったときによく頼ったりしています。
・HALに入って初めて本格的なボードゲームを遊びました。夏休み中友人3人と学校に集まって1日遊んだりしました。人の心を動かすゲームはビデオゲームだけでなくボードゲームでも同じように作られていることを学んだ。
・学内では他学科の学生とも交流できるので、ゲーム制作学科ながらCG学科の友人からモデリングを教えてもらったりしています。

今後の目標
・他の学生との差別化のために、プログラミングはもちろんのこと企画やUIデザインなど、できることを増やしていこうと考えています。

学生制作のゲーム

学生広報スタッフ
☆ 2人目 ☆
ゲーム制作学科 1年生 Tさん 女性

・入学に至った経緯
インターネットで、ゲーム開発を学べる場を調べていて、そこから名前を調べていくうちに「入りたいなぁ」という思いが強くなっていきました。

・HALでの学び
HALに入ると、色々な技術が身に付きますが、一番は「ほかの人と何かを作る」能力が身につくことです。プログラミングなどは独学でも学べますが、独学だと「ほかの人と何かを作る」ことはできません。学内のゲーム制作では、大人数が関わることが多いので、コミュニケーション能力はかなり重要になります。HALでは1年生からチーム制作の機会が豊富にあります。

・入学して成長したこと
コミュニケーション能力が向上しましたね。コミュニケーション能力と言っても、人と話すだけではなく、相手にわかりやすく、物事を伝えるということも大事なのだとHALに入って学びました。自分のコミュニケーション能力次第で、プロジェクトの進み具合が変わってくるので、これからもコミュニケーション能力も伸ばしていきたいです。

・学校でのエピソード
HALの先生方は、ゲーム企業に勤めていた方たちばかりなので、授業中に開発現場での体験談を聞けます。面白いエピソードがあったり、ためになるようなエピソードを聞けるのでいつも楽しみにしています。

・今後の目標
1年生からすでにゲームは作り始めていますが、完璧と思えるようなゲームは作れていません。ゲーム作りに完璧を求めたら、終点なんてないのですが、HALで学んでいく中で、自分の中で完璧に近づけたなと思えるようなゲームを、作りたいです。それが今の自分の目標です。

C言語で作ったゲーム
Unityで作った2Dゲーム

内定を獲得した先輩が語る!希望の会社の内定を得る秘訣2

前回に引き続きGCCの模様をお届け。
先輩が語る内定を得る秘訣とは…

☆3人目 
ゲーム会社ゲームプランナー内定
ゲーム制作学科4年 I先輩

■ 就活のヒント
・プランナー志望だったがプランナーの倍率は他の職種に比べて高いことからプログラマで業界入りしジョブチェンジを狙っていた。
・プランナーはプログラマとの連携がとても大事。ゲーム業界は技術の移り変わりが激しい業界。プランナーにもプログラム耐性が無いと、この先埋もれていくと考えプログラムを専攻することにした。ゲームを制作する上でデザイン的な要素も重要だと思う。

■ HALで頑張ったこと
1プランナーとしての自分
→企画書の作成 ・仕様書の作成 ・プロジェクトマネジメントに力を入れた。

2プログラマーとしての自分
→モーションキャプチャー技術、デバイス使用(Arduino Leonardo) 、プレイヤーの操作感、スコアのコーディング ・タイトルアニメーションに力を入れた。

3デザイナーとしての自分
タイトルロゴ制作・アイテムSprite制作・PV制作・ポスター修正・グッズ製作(Tシャツ、名刺、ブースデザインなどゲームショーなどへ出店したことを想定したもの)は一貫性あるデザインを心掛けた。

これらの中で多職種への理解を深めた。結果的にメンバーからの信用が獲得できチーム制作を円滑に進めることができたと感じる。またその経験がプランナーへの内定へつながった。

☆4人目 
ゲーム会社テクニカルアーティスト内定 
ゲーム制作学科4年 A先輩

■「作品」を見せられる形まで作ろう!!
ポートフォリオ
・ゲーム学科なのにプログラミング作品があまりなかった。厳しいがこの就活デッキで勝負しなくてはならないと覚悟を決めて3年2月ごろから学内で行われるゲーム系の企業説明会は全部出ると決めた。
・多くの会社は プランナー選考、プログラマー選考、デザイナー選考に分けられ、プログラミング作品やポートフォリオが必要になっていくが、自分一人では100点のエントリーシートが書けないと感じた。そこで就職指導室の先生に添削を依頼して合格点行くまで何度も書き直した。また、とにかく面接練習を沢山行った。就職指導室の須藤先生と何度も練習した。

■ 学年別やるといいこと
・1年生
他の人がやっていないことを始める
様々なゲームエンジンによる開発経験
3Dモデリング

・2年生 
就活を意識した作品を作りましょう。
1年で学んだ内容 + HoudiniやMayaでスクリプトを描いてみる
アニメーションを作品に入れてみる

・3年生
6月までは授業を頑張る。就職指導室の先生に添削や面接練習を頼る。とにかく面接に慣れる。最後まであきらめない。

■ 印象に残っている質問
「ポートフォリオのデザインは具体的にどこを工夫したか?」
→見やすい色、フォントに気を付けた。何度も先生に見せてブラッシュアップすることが大事。
「モデリングにはまったきっかけは何か?」
→あるゲームの背景がキレイと感じた。自分が好きなゲームを改めて見て自分の作品と比較したりすると効果的。

 

熱心に話を聞く後輩。
教室で聴講する学生。当日はオンラインでも配信。

内定を獲得した先輩が語る!希望の会社の内定を得る秘訣1

先日学内でGCCが開催されました。
就職を決めた先輩が伝える内定を得る秘訣をテーマに
4人の学生が講演をしてくれました。
ハルブロでは当日の模様を2回に渡ってお届けします。

☆ 1人目
ゲーム会社テクニカルアーティスト内定 
CG学科4年 S先輩 

■ 面接で聞かれること
「作品をプレゼンしてください」
→自身の作品をプレゼンすることを求められる。

「専門学校に入る前は何を学んでいましたか?」
→その人の過去どういう風に生きていたのか?人間性などを聞く目的があると思う

「なぜゲーム業界に入ろうと思った?」
「具体的なキャリアビジョンはありますか?」
「どういうポジションにつきたいのか?」
「その地位になるために何を頑張ってきた?」
→入社後のことを具体的に考えておくと良い。

■ 面接の最後に質問はありますか?と求められたとき
開発環境は何を使ってますか?と質問をする人が多いが自分はしなかった。そういう質問をするのはもったいない 。企業ホームページなどで調べればわかることなので、自分が働くイメージがわく質問をした方が良い。最後の質問は有効に使うべき。

■ 印象に残る質問
「今のゲームの課題は何だと思いますか?」
→どれくらいゲームのトレンドを追っているか。どれだけ業界について知っているかを問うもの。ゲームについての質問はどの会社でも多かった。

例「プレイしたコンシューマータイトルの数」
「今までプレイした中で楽しいタイトルとその理由」
「今までプレイした中で一番つまらないタイトルとその理由」
「●●社のタイトルで携わりたいと思うならどれか」など

「モデラ―の上司とアニメーターの上司から真逆の指示が出たときあなたはどうしますか?」
→板挟みになったときにどういう対応するのか?を聞いているのだと考えた。こういう質問は答えがないので、ゆっくり落ち着いて自分の考えを面接官に伝えることが大切。

相手の質問に対して自分が回答するという考えではなく、「自分の人生をこう生きてきた」というのを伝えると、とっさの質問でも答えられる。

☆ 2人目 
ゲーム会社背景モデラ―内定
I先輩 ゲームデザイン学科4年

■ モデラーを目指したきっかけ
・モデラ―になりたいならオススメは背景モデラ―
→学内の課題でキャラクターを作ったときに自分にはキャラクターモデラーは難しいと感じた。キャラモデラ―は競争率も高く差別化が難しいが、背景なら自分も好きなのと競争率も高くないだろうと予想した。

■ 就活のヒント
・将来なりたい職業を固めること。また背景モデラ―なら背景作品を多く作っておく。
・動画サイトや企業のHPなどで制作風景などを沢山みると刺激になる
・幅広いテイストの作品を作る。
・作品を蓄えておく
・友達との差別化を図る
・先生にたくさん見てもらう
・ポートフォリオがすべて 質のいいポートフォリオさえあれば就活はうまく進む
→就活生からしたらお店の看板のようなもの

続きは次回のハルブロで!

 

熱心に話を聞く後輩。
教室で聴講する学生。当日はオンラインでも配信。

就職した卒業生が説明する企業説明会

HAL東京入学相談室です。
12月から学生の就職活動が始まりました。HAL東京でもさっそく「学内企業説明会」が行われました。「学内企業説明会」とは様々な企業がHALの学生のためだけに説明会を開催し企業のことを深く知ることができる機会です。
ほとんどの会社は夜の時間に説明会を開いてくれて、学生は授業を休むことなく様々な企業へ応募することができます。最近はオンラインで開催する企業も多く、学生は自宅や学校から参加します。

この日は“大手WEBサービス企業”の説明会が行われました。企業の方は会社からオンラインで企業の概要や仕事の内容・福利厚生などが説明されます。様々なサービスを行っている現場のエンジニアの方にも登場してもらい、求める人材像や仕事のやりがいなどを知ることができました。最後に学生からの質疑応答の時間もあり約90分間、学生たちも真剣に聞いていました。また、実際の現場で活躍しているHALの卒業生も登場し、参加している学生も大盛り上がりです。
先輩からは
・HALでの授業が現場でどのように活かされているか
・就職先で活躍するためにHALの授業で頑張るべきポイント
など、卒業生ならではの視点で話をしてもらいました。
普段の授業で学んでいる技術が社会でどのように活かされているのかを知る機会にもなりました。

教室からオンラインで参加する学生

就職活動の軸

HAL東京入学相談室です。

就職学年を迎えた学生たちはいよいよ12月から就職活動が始まりました。

コクーンタワーの図書館では就職応援フェアと題して、就職活動に役立つ書籍を集めて展示・貸出をしています。
目指す業界の規模や将来性を調べるための「白書」や自己分析や話し方の「ビジネス書・実用書」など様々な書籍を紹介しています。

HALではこれから学内企業説明会といってHAL東京の学校の中で企業が説明会を行います。学生は学校に通いながら、様々な企業を知ることができます。学生たちはこれまで培ってきた技術力を武器に、プロになるための就職活動に臨みます。
一度原点に立ち返り、「なぜ自分がこの業界を志したか」「これから何がしたいのか」を考えるきっかけになるような本も用意しました。就職活動における“自身”の軸を持って臨めるよう図書を通じて応援していきます。

図書館の展示風景