【CG】HAL東京 卒業生のGERMAN JIMENEZ(ヘルマン・ヒメネス)先輩による講演会が開かれました!

皆さんこんにちは、ゲーム制作学科2年生の谷沢です!

 

先日、HAL東京CG映像学科の卒業生であるヘルマン先輩が在学生に対して講演をしてくださいました!

ヘルマン先輩は2017年3月にHAL東京・CG映像学科を卒業した後、校費留学制度を利用してカナダのバンクーバー フィルム スクール(VFS)へ1年間通いました。そして今年の8月からは「ONE MEDIA JAPAN」で映像監督に就任することになりました。

 

「校費留学制度」とは、国際感覚を体得し、専門分野をグローバルな視野で判断できるスペシャリストの育成を目的とした留学制度で、留学に必要な入学手続や渡航費・入学金・学費(1年間分)は学校から支給される、というものです。

「校費留学制度」の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/global

 

最初にVFSで制作した作品を見せてもらいました。この作品には約60名のスタッフが関わっているそうですが、ヘルマン先輩は脚本と監督を務めたそうです。

上映後、進行役の大滝先生は「登場人物の立場や心情が綿密に組み込まれていて迫力のある作品だった」と作品を絶賛していました。

その後、VFSでの経験や作品制作での苦労話を交えて在学生へのアドバイスを話してくださいました。

VFSでは他学科とのコミュニケーションが多いそうです。例えば何か大きな作品を制作する時、様々なものやスキル、知識が必要になります。しかし学科の壁を越えることで、すぐ近くに必要なスキルを持った人、もしくは作る事が出来る人がいることに気付くことができます。

HAL東京でも学科イベントに他の学科の学生が参加しているところをよく見かけます。

「イベントに積極的に参加することが、良い繋がりを得るきっかけとなる」とヘルマン先輩はお話していました。

 

ヘルマン先輩がHAL東京に入学した当初は、あるゲーム制作会社に入社したいという夢があったそうです。それがHAL東京での学習やインターンシップの参加という経験を経て、何度も変わっていったそうです。

『HAL東京に入学する人は、それぞれの目標を持っています。入口は色々あるが、視野が広がるにつれて夢はどんどん変えていってもいい』 とヘルマン先輩は言いました。

講演会の後は、在学生との個別の質問タイムになりました。映画製作の裏話やHAL東京での思い出、学園生活についての質問が多く、ヘルマン先輩も快く答えてくださいました。

私はゲーム制作学科の学生ですが、作品制作における姿勢や意識のお話はとても為になりました。

これからの学園生活もより楽しくなるよう、色々なイベントに参加したいと思います!

 

これからしばらくは日本で活動するとの事で、今後のヘルマン先輩のご活躍を期待しています!

今回のご講演、ありがとうございました!

 

【ゲーム】『GCC(Game Creator’s Conference)』が開催されました!

こんにちは、ゲーム制作学科2年の佐藤です。

7月某日、2018年度第1回目のGCCが開催されました!

 

GCCとは、数あるイベントの中でも特に人気のあるイベントで、就職活動を終えた先輩方の体験談や失敗談を聞き、モチベーションの向上や先輩方との交流を図ろうというイベントです。

▲会場の様子

▲今回登壇してくださった先輩方(左から多田琴美さん、緑川諒さん、小川将輝さん、石川三友さん、堀江裕貴さん)

最初にお話してくださった方は堀江裕貴さん!

株式会社セガゲームズ様より内定を頂いている方です!

いつ、どういった経緯で就職が決まったか、また、HALではどのような生活を送られたのか、後輩である自分たちに伝えたいことなどを話していただきました。

 

2人目の登壇者は石川三友さん!

株式会社コロプラ様から内定を頂いていている方です!

編入生としてHAL東京に入学し、編入生だからこそ苦労したことや、これから就職活動が始まる3年生へ向けたメッセージなどをお話していただきました。

 

次に登壇してくださった方は緑川諒さん!

株式会社カプコン様より内定を頂いており、今回のGCCで唯一の2年制課程の方です!

2年制課程ならではの体験談や就職活動におけるポイント、参加者へ向けたアドバイスなどを話していただきました。

 

4人目にお話してくださった方は多田琴美さん!

株式会社サイバーコネクトツー様から内定を頂いている方です!

会社の決め方や学校生活における大事なこと、また、面接での失敗経験などをたくさん紹介してくれました。

 

5人目の登壇者は小川将輝さん!

株式会社バンダイナムコスタジオ様より内定を頂いている方です!

「チームの作り方」をテーマに、チームにおける大切なことやリーダーとメンバーのそれぞれに覚えておいてほしいこと、就職活動を通し感じたことなどを話してくださいました。

 

そして最後には、5人の先輩方と交流する時間がありました!

 

参加者に今回のGCCについて、感想をいただきました。

・プレゼンテーションが分かり易くまとまっていて、楽しかった

・自分もあの先輩方のようになりたいと思った

・自分のやることが明確になり、参加してよかった

 

第2回目のGCCは9月に開催される予定です。

次回の様子もブログにてお伝えするので楽しみにお待ちください!

【ゲーム】学科イベント『Dotwork Movie Carnival(DMC)』の作品上映会が開催されました!

皆さまこんにちは、ゲーム制作学科2年生の谷沢です!

先日、日本ゲーム大賞・アマチュア部門の作品募集が締め切られ、ようやくひと段落が付きました。ゲーム制作に参加した学生の皆さま、本当にお疲れさまでした!
その日本ゲーム大賞と並行してゲーム学科イベント『Dotwork Movie Carnival』が開催されました!その作品上映会が行われましたので、今回はその様子をお伝えします!

『Dotwork Movie Carnival』、通称DMCと呼ばれるこのイベントは、与えられたテーマに沿って、見ている人がドッと湧く(Dotwork)ような動画を3分にまとめて制作する、というイベントです。ゲーム学科だけでなく他の学科からの参加もあり、学科を越えて人気があるイベントです!

今年のDMCのテーマは「うつす」でした!
「うつす」は日本ゲーム大賞・アマチュア部門の募集テーマと同じものです。これには日本ゲーム大賞を学校全体に意識してもらいたい、といった運営側の思いがあるそうです。

今年は制作期間が2~3週間と短かったにも関わらず、いずれも意欲と創意工夫がみられる作品ばかりで、会場内は大いに湧きました!

こちらの作品は、ある先生のイメージをほかの先生が絵に描くという動画でした。先生方が各々のイメージで描く中、ゲーム学科の土居先生は写真と見間違えそうになるほどの似顔絵を描き上げていました。普段は見られないような先生の姿が見られるのもこのイベントの醍醐味です!

そしてみごと最優秀作品として選ばれたのは、ゲーム学科2年生の作品でした!
とあるゲームをHAL東京を舞台に再現した作品だったのですが、主人公の行動選択がまさにそのゲームそっくりで、終始会場から歓声が湧き上がりました!

上映会の後に、私の隣に座っていたゲーム制作学科3年生の先輩に感想を伺いました。制作期間が短かったにもかかわらず、例年以上に1,2年生の作品のクオリティが上がっていて驚いたそうです。

HAL東京ではこれからも様々な学科イベントが予定されています。これからもイベントの様子をブログにてお届けしますので、皆様楽しみにお待ちください!

【CG】『つくろう!クリエイティ部』缶バッチ制作!

こんにちは、ゲーム制作学科2年の佐藤瑞己です。
夏休み前に行われた『つくろう!クリエイティ部』というイベントに参加してきました。
今回の記事ではイベントの内容や制作物の紹介をしていきます!

◆『つくろう!クリエイティ部』とは
CG学部の学生によって企画されたイベントです。
今回はイラストレーターでテーマに沿ったイラストを描き、それを使って自分だけの缶バッチを作ろう!といった内容でした。

◆制作風景
一緒に参加した友達と相談しながらだったり、分からない箇所を先輩に聞いたりしながら制作していました。私も分からないことだらけだったのですが、先輩の方々が丁寧に教えてくれるのでとても楽しく制作することができました!

◆作品紹介

◆主催者にインタビュー
───イベントを主催してみてどうでした?
予想よりも多くの参加者がいたが、上手く進行できたいたし楽しかったです。
今後グラフィック学科でのイベントも開催していきたいです。

◆来場者の声
・先輩方が優しく、楽しく制作できた
・自分の力でモノを作るのが新鮮でよかった
・またこういったイベントに参加したい

HAL東京では各学科で様々なイベントを行っています。今後もこうした色々なイベントなどをみなさんに楽しくお届けしていきたいと思います!

【ゲーム】学科イベント『Great Game Gallery(G3)』が開催されました!

こんにちは!ゲーム制作学科2年の谷沢です。

今回お届けするのは、ゲーム学部イベントの

Great Game Gallery」です!

 

通称 ”G3”と呼ばれるこのイベントは、ゲーム学部4年制課程の3,4年生、そして2年制過程の2年生が下級生に向けて作品を発表するというイベントです。このイベントを通して、1,2年生は自分がこれから作っていく作品のイメージを具体的にしていく、というとても貴重な時間です!

例年、この時期に行われるG3ですが、今回は大きな教室に大勢の学生が集まりました!

出展する学年も去年より幅広く、いずれも力作ぞろいで大変賑わいました!!

 

こちらの作品は先輩が作ったVirtualYoutuber のキャラクターをVRで動かす、というものです。このように、先輩の作った作品を実際にプレーすることで今後の自分の作品制作の参考になり、制作意欲も湧いてきますよね。

 

今年のG3はメインイベントとして「G3ゲームトーナメント」が行われました!

これはずばり、先輩が作ったゲームでトーナメント戦をしよう、といったものです。

まずはトーナメント参加権を獲得するための予選会です。写真のゲームが実際に予選で使われたゲームです。障害物をうまく見極め、また障害物を利用しながらゴールを目指すという内容のタイムアタックでした。

 

決勝のゲームは、2タイプのキャラクターと3種類の魔法から好きな組み合わせを選び、11で戦う3Dアクションの対戦ゲームでした。

特に盛り上がったのは決勝戦! 激しい魔法戦と強力なダッシュ攻撃の読み合いで、ハイレベルな戦いが繰り広げられました。この決勝戦は2本先取で行われましたが、両者1歩も譲らず試合は最終戦へ。

最終戦の序盤は1P側が有利な展開でした。ところがそこから2Pによる怒涛の追撃!

果たして勝者は…?

Pの猛攻を防ぎ切って、辛くも1Pが勝利しました!

優勝したのはなんと1年生!!このゲームの製作者である先輩からトロフィーが授与されました。おめでとうございます!

 

「先輩が作ったゲームでこんなにも楽しませてもらいました。今度は自分が誰かに楽しんでもらえるようなゲームを作りたいです!」

と語った彼の今後の活躍に期待が膨らみます。

 

他にも、今回イベントに参加した方からこんな声を聞くことができました!

「今授業で習い始めたプログラミングからこのようなゲームを作るところが想像できないです。」(1年生)

「この先はプログラミングの知識も必要だけど、幅広い事に興味を持つ事が大切だ、というお話を聞けました。」(1年生)

「トーナメント中は歓声がすごくて、近くにいる人に説明の声が届かなくて大変だったです。」 (4年生)

 

お話を聞かせてくれた皆さん、ありがとうございました!

 

最後に企画、運営に携わった学生スタッフの皆さん、および出展学生の皆さん。こんな素敵なイベントを開催してくださり、本当にありがとうございました!