就職を決めた先輩

ゲーム学科4年生に記事を書いてもらいました。

テーマは「HALでの学びを振り返って」
Aさんは大手ゲーム会社に内定が決まっています。

学生広報室
ゲーム企画コース4年生
Aさん

<入学の経緯>
この学校が日本にあるゲーム専門学校の中で一番有名かつ、一番実績を出している学校だからです。
当時高校生の私は大学に行くか、ゲームの専門学校に行くか悩んでいました。

どちらに行くにしてもどうせお金を払うなら最先端の技術を学びたい、
ゲーム業界を経験した実力のある先生から学びたい、将来絶対にゲーム業界で働きたいと考えたので、
業界への内定実績のあるこの学校に決めました。

<HALで学んだこと>
1年生の時は簡単なプログラムや、資格試験の勉強を行いました
。2年生になると前期は個人でゲーム制作、後期からチーム制作。
3年生になって企画者として専門的なことを学びました。

企画の立て方はもちろん、「ユーザーにゲームを通してどんな体験をさせたいか」といった、
ゲームクリエイターとしての考え方を学べたことが一番大きいです。
現在は、社会に出る上でのマナー、マーケティングを中心に個人的に興味があったストーリーのレベルデザインを学んでいます。
↓3年次に制作した企画書の写真

<就職指導で良かったこと>
とことん相談や面接練習に付き合っていただけたことです。
自分の性格上、本番に弱く緊張して早口になったり頭が真っ白になって内容が飛んでしまったりと、
面接を受ける上で最大の悩みを抱えていました。
しかし、就活指導の先生と根気よく練習した結果多くの内定を得ることができました。

この学校では、各企業に合わせた面接練習を生徒の要望に合わせて実施してくれます。

私も面接予定に合わせてやっていただけたことも有難かったのですが、1週間に2回面接があった際には
大阪に最終面接に行った帰りに次の企業へ向けた面接練習をしていただきました。
そのお陰か無事その会社から内定をいただけて、就職指導の先生には感謝しかありません。

<今後入学を検討している人へ>
この学校に4年間在籍して思ったことは、ここは本気で取り組めば本気で答えてくれる学校だということです。
積極的に動けば動くほど、先生や友人からの信頼と実力が身に付きます。
逆にだらけて努力を怠ると、結果奨学金という名の借金しか残りません。
大学と比べるとそういった面ではとてもシビアです。大学生は様々な就職先を選べますが、
専門学生は「ゲーム会社か、それ以外か」です笑。選択肢の多さで選ぶなら断然大学ですが、
どうしてもゲームクリエイターになりたい、
人生に後悔したくないならこの学校をお勧めします。

たくさん悩んで悩み抜いて、悔いなき選択を。

ドラマ内のゲームを制作

10月期TBS金曜ドラマ『クロサギ』に、HALの学生がゲーム制作で協力しました!

『クロサギ』は、詐欺師をだます詐欺師“クロサギ”が、現代の日本でリアルに起こっている

詐欺に立ち向かう姿を描いたドラマ。

HALの学生によるゲーム作品は、10/21(金)に放送された第1話で、

登場人物がゲームをしているシーンで使用されました。

独特な温かみのあるグラフィックと個性豊かなキャラクターによる壮大なRPG大作

学生の推しものを紹介するコーナー

学生広報
ゲーム制作学科 1年生 Mさん

今回私の推しものとして紹介するのは「ブレイブリーデフォルト」というゲームです。

このゲームはスクウェア・エニックスより発売されたRPGゲームです。

シリーズとして発売されていますが、物語のつながりはそこまでないので、どこからプレイしても面白いです!

キャラクターごとにジョブとジョブコマンド(ジョブのスキルだけを使えるもの)、

アビリティの組み合わせ変更可能であり

この時点でも戦略の幅はあるのですがこのゲームの醍醐味は戦闘システムにあります!

ターン制のバトルなのですが、ほかのRPGと違う要素として、

行動ターンをためることができる“デフォルト”、

最大4ターン動ける“ブレイブ”(ためてなかったら、その分動けなくなるけど…)を使って戦闘を行います。

これによって、いろんな戦闘を楽しむことができます!

またストーリーもとても面白いので、まだプレイしたことない方は是非プレイしてみてください!

好きなひとが作ったもの

前回「好きな人が好きなもの」の続き
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/4351.html

昨日11月8日は小島秀夫監督の「DEATH STRANDING」が発売3周年とのことで、

学生有志を集めて学内でPS1の「メタルギアソリッド」をプレイするイベントを行いました。

1998年の作品ですから学生たちはまだ生まれる前の作品です。

潜入の緊張感

様々に張り巡らされたゲーム内のギミック

ポリゴンでの3D描写

手付けのリアルなキャラクターの動き

振動によるゲーム体験

24年前の作品でしたが、引き込まれるように皆で盛り上がりました!

50階のラウンジで夜にプレイしたのですが、学生たちは月食よりもゲームに夢中なのでした。