【イベント】「未来創造展 2018」が開催されました!

こんにちは! ゲーム制作学科1年の谷沢です!
今回は「未来創造展2018」の様子をお届けします。

「未来創造展」とは、HAL東京・東京モード学園・首都医校の3校の最高学年による卒業制作展です。
業界やマスコミからも注目が集まるこの卒業作品展には、毎年多くの来場者が訪れ、学生たちによる創造性豊かな作品に触れることが出来ます。今年は東京ビッグサイトにて開催し、大変盛り上がりました!

今年のテーマは「LOVE MONSTERS ~愛は才能だ、才能は無限だ。~」です。

近年は様々な愛の形が話題となっていますが、それだけ愛というものは自由で、個性的で、創造的なものです。どこにも答えがないからこそ、学生たちはそれぞれが持つ斬新、かつユニークなアイデアを形にしていました。

 


▲今年も多くの来場者が訪れました。


▲表情や動きを読み取る技術を用いた作品が多く見られました。


▲アニメーション作品は大きなスクリーンに設置され、来場者の注目を集ました。


▲ショウタイムでは東京モード学園の学生によるファッションショーが行われました。


▲今年のHAL大賞は高度情報処理学科の方々でした。おめでとうございます!

 

受賞式の際、思わず涙を流してしまうほど本気で取り組んだ先輩方の姿を見て、自分たちも数年後にはこの場で展示発表出来るという事にワクワクしてきました。

最高学年になった時、歴代の先輩方に負けないような技術と熱意をもって、多くの来場者に興味を持って賑わってもらえるような卒業作品展にしたい!と心から思います。
先輩たち、お疲れ様でした!

【1月21日 第3回 留学生交流会】

2018年1月21日(日)HAL東京にて今年度最後の留学生交流会が開催されました。

今回は約110名の参加者が参加。参加者はHAL東京の学生や教員と楽しい時間を過ごしました。

乾杯のあと歓談スタート!学生や教員にHAL東京の学校生活を聞いたり、日本の生活のことを聞いたりと、参加者全員で楽しく会話をしていました。

参加者同士で写真撮影。みんな初めて会いましたがすぐに仲良くなり会場は大変盛り上がっていました。

毎回恒例のゲーム大会。今回のゲームは「タイピング選手権」1分間に何文字文字が打てるかみんなで競い合いました!

参加者たちは制限時間内に1文字でも多く打とうとパソコンに向かい合って一生懸命取り組んでいました。

成績上位者には景品をプレゼント!受賞者に対して会場中も大きな拍手でたたえていました。

最後に全員で記念撮影!

2017年度の留学生交流会は今回が最後となりました。

これまで参加していただいた皆様ありがとうございました。

HAL東京の学生や教官と直接話したり、日本で友人を作るとても良い機会になるので2018年度の開催も楽しみに待っていてください!

 

HAL東京 入学相談室

TEL.03-3344-1010

E-mail:nyugaku@tokyo.hal.ac.jp

 

 

【CG学部 ウォルトディズニー特別講義】

HAL東京では、業界の第一線で活躍しているプロの方をお招きし、学生に向けた特別講義、「スペシャルゼミ」を実施しています。

今回はウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社のテレビ部門でバイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーとして、編成・制作・マーケティングなど、幅広い分野で活躍されているエディ・カックス氏をお招きし、特別講義を実施しました!

今回の講義テーマは「ウォルト・ディズニー・ジャパン最新コンテンツの魅力とその制作プロセス」。ディズニー映画やアニメーションなどのコンテンツをつくる際の手法や3DCGを駆使した映像表現を教えていただき、ディズニーの作品作りの考え方に触れる大変貴重な機会となりました。

「視聴者の目線でものづくりをすること。誰に何を伝えたいのか、しっかり意識をして仕事をすることが大切です」

ご自身の経験談も含めてお話いただき、学生達はみな、真剣な表情でカックス氏の話を聞いていました。

講義の途中には音楽に合わせてディズニーのキャラクターを描くという楽しい時間も!早いテンポに追い付くのに必死で、学生達はみんな楽しみながら絵を描き上げていました。

「フィニアスとファーブ」

©Disney

ここでカックス氏から学生達へサプライズ!キャラクターを上手に描けた人には

その場でカックス氏からプレゼント♪

「ディズニーはゲストの期待を裏切らない特別なエンターテイメントをお届けします」という言葉の通り、会場中が笑いの絶えない、賑わった雰囲気で講義が進んでいきました。

講義の最後には学生達からの質問に答えていただく場面も。ディズニーのキャラクターや映画作品のことなど、ここでしか聞けない裏話も満載でみんな興味深々!

 

 

CG・アニメ業界を目指す学生達にとって、とても貴重な時間になったことでしょう。

エディ・カックスさん、この度はありがとうございました!

 

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

Disney.jp

 

【イベント】学生レ・クリエイションが開催されました!【後半編】

こんにちは!ゲーム制作学科2年の大野です。
今回も、前回の記事に引き続き、学生レ・クリエーションの後半戦の様子を紹介したいと思います。

学生レ・クリエーション後半戦の競技は、

・ガチマニアッククイズ
・障害物競争
・ガチリレー

以上の競技3種目。学生一同、大変盛り上がるものとなりました!

 

【ガチマニアッククイズ】
ガチマニアッククイズでは、HAL東京の学生が考えたオリジナルのクイズが出題されます。
参加者は制限時間内に正解だと思う、選択肢の場所へと移動をして正解を勝ち取ります。
出題された問題は、ゲームや、アニメ、HAL東京ならではの問題、2017年に流行したことが
問題として出題されました。


▲とどろきアリーナのフロアをロープで4分割。ロープを越えて移動して正解を勝ち取ります!

 

【障害物競争】
障害物競争は、リレー形式で行われました。
いち早く数々の障害物を乗り越えて次の人へとタスキを渡していきます。
普段、「課題」という障害物を乗り越えている学生たちも、この障害物競争のときは、
とても楽しそうな良い笑顔をみせてくれました!

▲障害物のひとつ「輪投げ」に挑戦する学生の様子。

 

【ガチリレー】
ガチリレーは競技名の通り、ただのリレーではありません。本気のリレーです。
この競技は、教官も参加します。純粋な速さだけを競う本気のリレー。
肉体派の学生と教官との速さで競り合う勝負は大変盛り上がるものとなりました。

▲競技名の通り、学生、教官関係なく本気で走ります。

▲競技中は、自身の個性を主張する学生もいました。

 

これまでに紹介した競技6種目。以上が2017年度 学生レ・クリエーションの内容となります。
今後の学生の活躍と、学生レ・クリエーションの変化を心待ちに、2018年度もご期待ください!

【イベント】学生レ・クリエイションが開催されました!【前半編】

こんにちは! ゲーム制作学科1年の谷沢です。
「川崎市とどろきアリーナ」にて、学生レ・クリエイションが開催されました!

 

◆レ・クリエイションとは?
HAL東京の学生レ・クリエイションは通常の授業とは異なり、
野外においての独創的かつ創造的活動を意味します。
活動内容は活発なコミュニケーションを生み、創造性を育むものであるという特徴も有しています。
学生が様々なアイデアを出し合い創意工夫を重ねてレ・クリエイションは出来上がっていきます。

 

要は、【みんなで企画したイベントで、みんなで盛り上がろう!!】といった活動です!
今年は1日かけて6種目が行われました。
私からはそれら6競技のうち朝に行われた3競技を紹介します!

 

【真剣卍球】

最初の種目はドッジボールをベースにした「真剣卍球」です!

ボールに当たった人は「まんじ!」と叫びながら退場するというルールで、
朝から元気な声が体育館内に響き渡りました。
外野の数は増えないので、内野が少なくなった状況から巻き返す熱い展開も見られました。

 
▲素早くパスを回してからシュート!そしてそれをギリギリでかわしました!

 

【じゃんけん列車】

続いての種目は「じゃんけん列車」です!

じゃんけん列車は列の先頭の人同士でじゃんけんをして、負けた方が勝った方の列の最後尾に繋がるゲームです。
小さい頃に遊んだ経験がある人もいるかもしれません。
運動が苦手な人でも活躍できるので、じゃんけんの結果の1つ1つに会場は盛り上がりました。

▲ゲームが進むと列が長くなっていくので、先頭の人を見つけるのが大変です。

 

【私の為に争わないで ~Don’t fight for me~ 恋のハイスピード綱引き】

午前最後の種目は綱引きです。最初は半分のメンバーで綱を引き合い、
もう半分のメンバーは相手側にあるスタート地点から走ってきて加勢します。
学科や学年、男女を問わず全力で走り、力強く綱を引く姿はとても迫力がありました!

▲各学科の力自慢たちが競い合います。その場の仲間と息を合わせる事も重要なのです。

 

種目が終わると出場者の皆さんは疲れてへとへとになっていましたが、
ここでお待ちかね!お昼休みの時間です。
十分に体を休めた後は、午後の種目が始まります。ここからは担当を変えて紹介します!