【ゲーム】「日本ゲーム大賞2011」アマチュア部門受賞!

「日本ゲーム大賞2011」アマチュア部門で、HAL東京の学生作品が受賞作品として選ばれました!
HALとしては、8年連続受賞の快挙です!!
■受賞した清水史人くん(ゲーム学科2年生)
shimizu.jpg
■清水くんのコメント
この作品は、1年生の6月に初めてのゲーム制作課題で取り組んだものです。早期に着手したゲームでしたが、ゲームシステム自体がシンプルでよくできていたので(自分で言うのも恥ずかしいですが・・・)、出展するにあたってグラフックを中心にレベルアップさせました。今回の受賞の一報を受けたときは、大感激でした!
作品名は、「はやぶさ帰還プロジェクト」。
今年6月に帰還した惑星探査機「はやぶさ」をテーマにした作品です。
清水くんの初子ですね。
003タイトル画面2
隕石を避けながら「はやぶさ」を操作して無事地球に戻る、といったゲームです。
まさに宇宙空間を飛んでいるかのような爽快な操作感!
005プレイ画面1のコピー
清水くん、受賞おめでとうございます!
ちなみに日本ゲーム大賞2011「大賞」「優秀賞」など、各賞の発表は、幕張メッセでおこなわれる「東京ゲームショウ2011」内で9月17日(土)10:30から予定しているそうです。
清水くんの作品や他の受賞者の作品は、会期中展示ホールでプレイできるそうなので、時間のある人はぜひ遊びに行ってみてください。

【ゲーム】田口先生を紹介します

今回は、ゲーム学部の田口先生です。
田口 博之(たぐち ひろゆき)先生
元 株式会社セガ デザイン開発セクションマネージャー
代表作は「アヴァロンの鍵」「THE HOUSE OF DEAD」「三国志大戦」など多数。
taguchi.jpg
独特の語り口調と、多彩なスキルで学生に大人気の先生です。
先生からのメッセージ:
モノを作ることは辛く難しい!ただそれも忘れるほど楽しい!
そういう感覚を伝えていけるような教師でありたいと思っています。

【ゲーム】田中先生を紹介します

今回は、ゲーム学部の田中先生を紹介します。
田中 章(たなか あきら)先生
ゲームプログラミングや、企画に関する授業を担当しています。
HAL名古屋(ゲーム学部)卒
元コナミデジタルエンタテインメント プログラマー/レベルデザイナー
tanaka.jpg
先生からのメッセージ:
ゲームクリエイターを目指す人は、いろいろなゲームをプレイしてみよう。
特に自分の知らない古いゲームにも、ヒントは隠されている!

【ゲーム】7月最後の体験入学を実施しました!①

本日、7月最後の体験入学を実施しました!
こちら(↓)は「ゲームプログラマー」コースの実習風景です。
はじめてのプログラムに挑戦し、みんな真剣の様子です。
DSC_0216.jpg
こちら(↓)は「ゲームプランナー」コース。
HAL東京の在校生と楽しそうにお話しをしながら、プロデューサーの仕事を体験しています。
DSC_0210.jpg
こちら(↓)は「ゲームCGデザイナー」コースの様子。
描いたキャラクターをニンテンドーDSの画面で動かしてみる、という実習です。
見たこともないゲーム開発環境に触れ、みんな大興奮でした。
DSC_0072.jpg
次回の体験入学は、8月27日(土)です。
今回とはまた違う内容なので、是非参加してみてください!

【ゲーム】中川先生を紹介します

今回は、ゲーム学部の中川先生を紹介します。
中川 俊彦(なかがわ としひこ)先生
ゲームの3DCG制作やキャラクターデザイン、デッサンなどを教えています。
東京藝術大学(美術学部)卒
元ソニー・コンピュータエンタテインメント CGデザイナー
nakagawa.jpg
先生からのメッセージ:
この2、3年でゲーム革命が起こると思います。
HALで一緒に新しい時代を切り開きましょう!