【ロボット】ROBO-ONE/ROBO-ONE Light開催まであと2ヶ月!ロボットフェスタ開催!

HAL東京が会場となり行われる二足歩行ロボットの格闘大会『ROBO-ONE/ROBO-ONE Light』開催まであと2ヶ月!
『ROBO-ONE Light』への出場講座となるロボットフェスタ3回目を開催し、
今回はロボットが速く、安定感がある歩きができるようなプログラムを各チームで競いました。
▼チームごとに走行プログラムを組みます。各チーム、ロボットの走り方は様々。
13_robo1215_01.jpg 13_robo1215_02.jpg
13_robo1215_03.jpg 13_robo1215_04.jpg
▼チーム対向のロボットレースも!
13_robo1215_08.jpg 13_robo1215_07.jpg
イベントの最後には、近藤科学のKHR-3HVというROBO-ONEで人気のあるロボットキットを操縦。
13_robo1215_06.jpg
ロボットを操縦するのが初めての人ばかりだったので、ロボットのキビキした動きに驚きを楽しんでいました。
13_robo1215_05.jpg
◆ROBO-ONE 開催概要
http://www.robo-one.com/roboone1/index.html
※エントリーは2014/1/10(Fri)からスタート!!
◆ROBO-ONE Light 開催概要
http://www.robo-one.com/roboonelight/index.html
※こちらもエントリーは2014/1/10(Fri)からスタート!!

【ロボット】世界最大級の組込み総合技術展「Embedded Technology 2013(ET2013)」に出展してきました!

世界最大級の組込み総合技術展「Embedded Technology 2013(ET2013)」で開催されたETフェスタで、
HALの先端ロボット開発学科と株式会社CRI・ミドルウェアとの産学直結ケーススタディで開発した製品が紹介されました。
HAL東京からは、先端ロボット開発学科4年の花之枝あづみさんが考案した「かるタップ音シューズ」が出展。
※「かるタップ音シューズ」についてはコチラ
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/235.html
13_ETfes1121_7.jpg
ETフェスタ当日のブースでのプレゼンテーションは、開発を担当した先端ロボット開発学科メンバーで行いました!
13_ETfes1121_3.jpg 13_ETfes1121_2.jpg 13_ETfes1121_5.jpg
来場したプロのエンジニアたちに、製品の特長や機能についてプレゼン。
直接感想や意見を頂き、今後の製品開発の参考にしていました。
▼最後は、産学連携をしたCRIミドルウェアの皆さんとパシャリ。
13_ETfes1121_4.jpg
◆HAL東京 産学直結「ケーススタディ」
http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/case_study/index.html

【ロボット】ロボフェス開催!!ロボットレースで大盛上り!!!

HAL東京が会場となり、
来年2月に二足歩行ロボットの格闘大会『ROBO-ONE/ROBO-ONE Light』が開催されます。
その『ROBO-ONE Light』への出場講座となるロボットフェスタが本日開催されました!
13_robofes1116d_1406.jpg 13_robofes1116e_1406.jpg
HAL東京には入学していないけど、ロボットに興味がある人たちとHALの在校生たちが一緒のチームを組み、
『ROBO-ONE Light』で勝つための、ロボットの組み上げから動作プログラミング、デコレーションに取り組みます。
13_robofes1116c_1406.jpg 13_robofes1116g_1406.jpg 13_robofes1116i_1406.jpg 13_robofes1116j_1406.jpg 13_robofes1116l_1406.jpg
13_robofes1116k_1406.jpg
今回はセンサーの仕組みを学んでから、実際にプログラムをして、
ロボットが歩く動作を試行錯誤しながらプランニングしました。
13_robofes1116f_1406.jpg 13_robofes1116h_1406.jpg
▼さいごは、チームごとにプログラムしたロボットでレースを開催し、盛り上りました!!
13_robofes1116a_1406.jpg 13_robofes1116b_1406.jpg
次回は 12/15(日)13:00~15:00 開催。
途中からの参加も、1回だけの参加もOK!
まずは一度、ロボットを動かす楽しさを味わってみてください。
参加希望の方は、
①氏名(フリガナ)②連絡先電話番号③年齢と12/15(日)ロボットフェスタ参加希望の旨を
nyugaku@tokyo.hal.ac.jp までメールください。
◆前回のロボットフェスタの様子はコチラ
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/226.html
◆HAL東京の先端ロボット開発学科について
http://www.hal.ac.jp/tokyo/course/info_science.html

【ロボット】学生が開発した製品が、日本最大の組込み総合技術展ET2013内のETフェスタに出展されます!

以前からブログでも紹介している、HAL東京と株式会社CRI・ミドルウェアとの産学直結プロジェクト
CRI・ミドルウェア製品である、組込みマイコン向けサウンド再生ミドルウェア「かるイイ音(ね)」を用いた商品開発。
その中で開発された製品が、日本最大の組込み総合技術展 ET2013(Embedded Technology 2013)内のETフェスタで出展されることになりました!!
今回、出展される製品は『かるタップ音(ネ)シューズ』
13_かるタップ音シューズ1115_1406
▲中央の花之枝あづみさんが今回製品の発案者。開発は先端ロボット開発学科のメンバーで行いました!
この製品は、足裏の3箇所に床から離れたことを感知するセンサーをつけ、
足の動きに応じて、タップモード、フォークダンスモード、健康管理モード、それぞれの設定ごとに音楽やリズム、歩数連絡をします。

▲タップモードのデモンストレーション

▲フォークダンスモードのデモンストレーション

▲健康管理モードのデモンストレーション
開発にあたっては、センサーの位置や感度調整、軽量化などを工夫。
組込みマイコン向けサウンド再生ミドルウェア「かるイイ音(ね)」の特長も考えて、
音の解析なども実施して、音質にこだわりました!
11/21(木)のETフェスタで、プロのエンジニアたちに向けてプレゼンテーションを行います!
楽しみですね!
◆プロジェクトの商品提案コンテストの様子はコチラ
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/177.html
◆プロジェクトの製品開発の中間報告の様子はコチラ
https://blog.hal.ac.jp/tokyo/182.html
◆ET2013のHPでも紹介されています!
http://www2.jasa.or.jp/et/ET2013/event/et_festa.html#v001

【ロボット】dSPACE Japan 株式会社 代表取締役 社長 有馬 仁志 氏が来校!

自動車産業や航空宇宙産業の開発現場で使用される制御システム。
dSPACE Japan社(http://www.dspace.com/ja/jpn/home.cfm)が開発する
制御システムは、今や世界中の多くの開発現場で使用されております。
その同社・有馬社長が、急遽この日来校。有馬社長は、HAL東京・ロボット学部 
鈴木克先生(https://blog.hal.ac.jp/tokyo/27.html)の友人でもあり、
鈴木克先生もこういった機会が来るのを待ち遠しく思っていたとか。
dSPACE①
ロボット学部の学生たちへ特別講義をしてくださいました。
まずは、ご自身のこれまでの紆余曲折なる?ご経歴をユーモアたっぷりに、エピソードを交え
語っていただきました。学生も食い入って聞き入ります。
dSPACE③
本題の講義は有馬社長が手がけた事業の実例をもとに、貴重な映像、画像、資料を用いて
説明。
同社の技術的核となるモデルベース開発について、そのメリット、最新トレンドへの対応、
その技術を利用しての自動車産業、航空宇宙産業をはじめ、スマート・シティやエコハウス
やヘルスケアロボット(介護ロボット)への利用についてまで、魅力たっぷりに語っていた
だきました。
また、質疑応答には学生のみならず、教官も興味津々に質問がでる幕もありました。
最後は、学生に『ホントに自分のやりたいことをやって。自分が何をやりたいのか?何を作りたい
のか?と自問して。それに取り組めば楽しいもの。頑張って!』とメッセージ。
有馬社長、本当にありがとうございました!!
HAL東京 ロボット学部 先端ロボット開発学科